宅建とは?宅建士の仕事内容から資格試験合格まで|資格のキャリカレ

不動産会社には必ず1人は必要となる「宅地建物取引士(宅建)」。資格を取得して活躍したいと考えている人は多いでしょう。実は、宅建士は不動産会社だけでなく、他の業種でも活躍できる資格なのです。ここでは、宅建の仕事内容活躍できる業界資格取得のメリット、宅建試験や通信講座を利用して合格した人の声などを紹介します。

宅建(宅地建物取引士)とは?

宅建の仕事内容

「宅地建物取引士」は、通称「宅建」や「宅建士」と呼ばれる不動産取引の国家資格です。年間20万人ほどの人が受検する最大規模の国家資格で、宅建を取得することで不動産取引の専門家として認められます。宅建士になるためには、宅建試験に合格する必要があります。

合格後は、不動産会社などに常駐し、宅建士として働くことが可能。不動産売買や賃貸物件の斡旋など、建物や土地の専門知識を持たないお客様に対して、不動産に関する重要事項を説明するのが宅建士の仕事です。

宅建の資格が役立つ業界

不動産会社などで活躍できる宅建士ですが、実はさまざまな業種で活躍できる存在でもあります。
たとえば、金融機関では、融資の際に不動産の担保価値を評価するケースが多く、宅建の知識はとても役に立ちます。不動産販売会社をグループ下に持つ銀行も多いので、どちらに所属していても活用できるでしょう。

提案する

また、建築会社が自社物件を販売したい場合にも宅建の資格が必要となります。あらかじめ自社物件について深い知識を持ち合わせている宅建士が付いていれば、お客様へもアピールしやすいなどのメリットがあるのです。他にも、不動産分譲の仲介を行っている不動産管理会社など、その活躍の幅は広がっています。

宅建資格を取得するメリット

キャリアウーマン

  1. 資格手当が付く
  2. キャリアアップや独立開業が狙える
  3. 就職や転職に役立つ

会社にもよりますが、宅建資格を取得することで、毎月5000円〜5万円程度の資格手当が付く場合があります。必ずしも資格が必要とされない会社においても、資格を持つことで大切な仕事を任せられたり待遇が良くなったりするケースがあるのです。
また、宅建資格を持っていることで就職や転職が有利になることが挙げられます。不動産や金融などの分野で働きたいと思っている場合、宅建資格を持っていることで専門知識があることを証明することができます。
さらに、宅建の仕事は独立開業に向いているというメリットも見逃せません。宅建士は設備投資がほとんど必要なく、仕入れコストなどもかからないので、初期投資が少なく開業できる仕事です。ただし、資格を取得してすぐに独立開業することは難しく、会社に所属して経験を積んだ後での独立が望ましいでしょう。

宅建試験について

宅建試験概要

■受験費用

宅建資格の受験費用は7000円(非課税)です。資格を取得しても、宅建業の実務経験が2年未満の人は資格の登録をすることができず、登録実務講習を修了する必要があります。講習費用は2万円程度で、講習を実施する機関によっても異なります。資格登録は受験した都道府県で行い、登録手数料は3万7000円です。
その他にも、宅地建物取引士証の交付申請手数料4500円、合格1年後に受講する法定講習費用1万1000円、5年に一度行う更新手続き費用として1万5500円が必要となります。

■スケジュール

宅建試験は毎年1回、10月第3日曜日に実施されます。6月に試験の実施告知が行われ、7月に入ると試験案内の配布が開始されます。試験案内は、指定の配布場所、もしくは郵送で手に入れることが可能です。
また、7月には同時に、郵送もしくはインターネットで試験の申し込みも開始されます。先着順とはなりますが、複数の試験会場がある都道府県の場合は、希望会場を選択することが可能です。申し込み期間は7月の1カ月間だけなので、忘れないように注意しましょう。8月には試験会場の通知が送付されてきます。その後、10月第3日曜日に試験が実施され、合格発表は12月の予定です。
※一般財団法人 不動産適正取引推進機構より

カレンダ^-

■試験内容

宅建試験は、全問マークシート方式で4肢択一式となります。試験時間は2時間で、出題数は全50問です。
出題分野は4つで、「民法等(14問)」「宅建業法(20問)」「法令上の制限(8問)」「その他関連知識(8問)」となります。民法等からは、不動産売買の際の契約に関するトラブル処理方法や、未然トラブルを防ぐための法律などに関する知識が問われます。
宅建業法とは、宅建士が仕事を行う上で定められているルールのことです。お客様に不利益が生じないよう、業者が守るべき法律の分野から出題されます。
法令上の制限については、安全な家づくりや住み良い街づくりを行う上でのルールが問われます。その他、不動産売買時の税金について、建物や土地の耐久性・安全性についてなど、不動産に関係するさまざまな知識が出題されるのが特徴です。

■宅建試験の合格率・難易度

宅建試験は相対評価方式を採用しているため、毎年合格ライン点数が変わるのが特徴です。過去のデータを見てみると、平成28年度の受験者数は198463人、合格者数は30589人、合格率は15.4%平成29年の受験者数は209354人、合格者数は32644人、合格率は15.6%となっています。両年とも合格点は35点でした。

グラフ

平成27年に宅地建物取引士と資格の名称が変更になり、弁護士や司法書士などと同様「士業」の仲間入りをしたことで、合格基準が若干厳しくなったといわれていますが、合格率は概ね15%をキープしています。司法書士や行政書士と比べると、難易度はそれほど高くないといえるでしょう。

通信講座で合格した先輩たちの体験談!

宅建資格を取得するための勉強方法は、通学や通信講座などさまざまです。しかし、仕事や育児などで忙しい人にとって通学するのは負担となります。通信講座であれば、仕事の後や空いている時間に自分のペースで学習することができるでしょう。
キャリカレの宅建講座を受講して見事試験に合格した人は多く、ユーザーの体験談を知っておくと安心して通信講座を始めることができるのではないでしょうか。ここでは、実際にキャリカレの通信講座を利用して合格した先輩たちの体験談を紹介します。

医療事務講座受講生「M・H」さん体験談

M・Hさん

キャリカレの講座を選んだきっかけは、試験に合格すると2講座目が無料で受講できる点だったそうです。
実際に受講してみて感じたのは、試験内容と学習内容が合っていて、効率よく勉強できたことだといいます。もともと飽きっぽく、物事を長続きさせることが苦手だと話すM・Hさんですが、それでも講座を修了することができたのは、講座のサポート体制が整っていたからだそうです。「私には小さい子どもがいるため、深夜や仕事の合間のスキマ時間を見つけて勉強を続けましたが、合格した姿をイメージすることによって頑張ることができました」と語ります。

医療事務講座 受講生「M.T」さん体験談

M・Tさん

実は、過去に2度宅建試験に不合格したという彼女は、思い切ってキャリカレの通信講座に申し込みました。キャリカレを選んだ理由は、不合格の場合の返金制度だったといいます。
実際に学習を始めてみると、市販のテキストよりも内容が充実していて、通信講座を選んで良かったと感じたそうです。M・Tさんも、講師からもらうメッセージに励まされて学習を続けることができたと話します。現在は育休中とのことなので、職場復帰後は資格を活かして活躍したいと語っていました。

宅建に関するまとめ

不動産や金融など、さまざまな分野で活躍できる資格「宅地建物取引士」。毎年15%ほどの合格率を持つ宅建試験は、ポイントを押さえた方法で学ぶことで見事合格することができるでしょう。

学習する女性

キャリカレの宅建講座は、分かりやすくまとめたテキストと手厚い講師陣のサポートで、高い合格率を誇っています。約3カ月で試験対策ができるカリキュラムとあって、まったく知識がない人でも挑戦することができます。
また、Web講義で何度でもしっかりと学べるスタイルとなっているので、時間や場所を選ばずに学習できるのもメリットです。そのため、仕事や育児などで忙しい人にもおすすめできる講座です。

オススメ講座はこちら

宅地建物取引士合格指導講座
「宅地建物取引士合格指導講座」
初学者でも!再挑戦の方でも!合格に的を絞った「超効率学習」で一発合格!

※体験レポートは受講生様からお寄せいただいた感想をまとめたもので、プロフィールはその当時のものです。

関連する体験談

注目の体験談

カテゴリー

ページ上部へ戻る