保育士国家試験は難しい?保育士になるには?|資格のキャリカレ

子どもたちの育ちに関わることができる仕事として、保育士の人気が高まっています。全国的に保育士が不足していることや、保育園以外での活躍の場もどんどん広がっており、保育士資格を目指す人も年々増加傾向にあります。
保育士になるには、大学・短期大学・専門学校など、厚生労働大臣が指定する「保育士を養成する学校その他の施設」で必要な科目を履修し卒業する、もしくは保育士の国家試験に合格する必要があります。仕事や家事・育児で学校に通うことが難しい方の中には、試験合格に向けて通信講座など自宅で学習しながら、保育士試験にチャレンジする方も増えています。ただ一方で、「学習時間が確保できないかも」「科目数が多くて勉強が大変そう」「合格率が低いから試験が難しそう」「知識もない自分では無理かもしれない」などといったという理由で、保育士試験の受験を躊躇してしまう人も少なくないようです。
そこで、今回は保育士になりたいと考えている方に向けて、保育士の仕事内容や、保育士になるための最適な学習法試験の概要などの基本情報、さらにキャリカレの通信講座で学習し保育士試験に合格した受講生の声なども合わせてご紹介します。

保育士とは

女性と赤ちゃん

保育士とは、保育園のように子どもを預かる施設などで、子どもの世話をしながら子どもの健やかな成長を手助けする仕事です。子どもたちとふれ合いながら成長を見守っていける、とてもやりがいのある職業です。かつては女性がほとんどでしたが、現在では男性保育士も年々増加傾向にあります。
保育士は国家資格であり、保育士として働くならば保育士資格を取得することが必須です。保育士と幼稚園教諭との違いは、保育士が対象とするのは1歳未満の乳児から就学前の幼児と18歳未満の少年であるのに対し、幼稚園教諭が対象とするのは満3歳から就学前の幼児という点です。保育士のほうがより幅広い年代の子どもを対象とする仕事ということになります。
また、幼稚園教諭の勤務先はほぼ幼稚園ですが、保育士の勤務先は保育園だけとは限りません。特に、共働き家庭の増加による保育施設需要の高まりや、託児スペースを設ける美容院や歯科医院の増加に伴って、保育士は注目の職業となってきました。保育園以外でもさまざまな場所で保育士資格の保有者を必要とするところが増えており、今後ますます活躍の場が広がっていくでしょう。

保育士の仕事内容

ばいばい

保育士は主に、保育施設で働きます。これ以外にも、乳児院や児童養護施設、知的障害児施設など、「保育」を必要とする子どもがいる場所で仕事をします。
保育施設は、早いと朝7時ごろから子どもが登園してきます。保護者から子どもの体調などを引き継ぎし、必要に応じて検温などをして体調を把握します。その後、全員が揃ったら、朝のあいさつをして1日がスタートです。
実際の仕事は、担当する子どもの年齢によっても大きく異なり、年齢に合わせて身の回りの世話をしたり、一緒に遊んだり、絵本を読んだりします。一般的に、乳児は身の回りのお世話が多く、年齢が上がるにつれて、体を使って一緒に遊んだり、日常的なしつけを行うことが多くなる傾向です。季節に合わせた活動を保育士同士で考えて、散歩や外遊び、工作、お絵描き、手遊び、読み聞かせなど、いろいろなことを子どもと一緒に行います。季節ごとに、プールや運動会、お誕生日会などのイベントの練習なども実施していきます。
昼食は、食事の介助や配膳を年齢に合わせて行います。年齢によってはお昼寝の時間を設け、この間に連絡帳に親へ申し送りを書いたり、午後の準備をしているようです。お昼寝が終わったら、おやつの時間となり、続いて午後の遊びの時間が始まります。午前中とは違う活動を組み合わせることが多く、天気が良い日は散歩や外遊びをして体を思いっきり動かすように工夫しているところが多いようです。
その後、早ければ16:30〜17:00ごろからお迎えが始まります。延長保育を実施しているところでは、お迎えが20時まで続くこともあります。この場合は、軽い食事を子どもに取らせて、親のお迎えを待ちます。お迎えの際には、親に子どもの様子や連絡事項を口頭で伝え、すべての子どもの引き渡しが完了すると、その日の仕事は終わりです。

保育士の給料・年収についてもっと詳しく知りたい方はこちら! >

保育士になるためには

ルート

保育士になるためのルートは1つではありません。大きく分けると、2つの方法があります。1つ目は保育士養成校(専門学校・短大・大学)を卒業すること、2つ目は保育士の国家資格試験に合格することです。それぞれ要件があり、具体的な取得方法も違うので、どちらのルートを取るかで、保育士になるまでの年数や費用、対策などが異なります。
専門学校・短大・大学を卒業するルートを取れるのは、学校に数年間通うことができるだけの費用のある人や、高校卒業後に進学するなど比較的年齢が若い人です。子どもの頃から保育士になろうと決めていた場合などはこのルートを取ることが多いようです。
一方、保育士の国家資格を受験するルートは、大人になってから保育士を目指すような人が多く取るルートです。受験資格さえ満たせば誰でも受験できますし、年齢の上限はないので、子育てが一段落した人など幅広い世代の人がこのルートで保育士になっています。学習方法によっては1年以内に資格を取得することも可能で、費用も独学であればテキスト代と受験費用のみ通信講座を利用する場合でも、講座の受講費用と受験費用のみです。保育士養成校(専門学校・短大・大学)を卒業するより安く済むので、コストをかけずに保育士になりたい人に向いているルートといえるでしょう。

①保育士養成校(専門学校・短大・大学)を卒業する

勉強

このルートは、厚生労働大臣指定の「保育士を養成する学校その他の施設」に入学し、必要な科目を履修して卒業することで、自動的に保育士資格を取得することができるルートです。保育士養成施設として国が認めた施設をきちんと卒業することで、保育士試験を受験することなく保育士資格を取れるということになります。「保育士を養成する学校その他の施設」には、大学・短期大学・専門学校などがあり、所要年数は大学4年、短期大学2年、専門学校2年以上です。
保育士養成校(専門学校・短大・大学)を卒業することのメリットは、卒業と同時に資格が取れることと、実技試験の実習をカバーできるという点です。保育士の国家試験を受験する場合には、二次試験として実技試験が課されており、筆記試験とは別に対策を講じておかなければなりません。保育士養成校では、卒業と同時に保育士資格を取得できますが、卒業するには指定科目の単位をすべて取る必要があります。この中に、実習科目も含まれているのです。学校の先生になるための教員免許を取得するのに、教育実習が課されているのと同じです。

②保育士試験に合格する

保育士試験は、全国的に保育施設や保育士の数が不足しているのを受けて、2016年から試験が年2回、前期と後期で実施されるようになりました。試験内容は筆記試験と実技試験に分かれます。筆記試験は5つの選択肢から1つを選ぶマークシート方式で記述式はありません。筆記試験は全部で9科目ありますが、一度に全部合格する必要はないとされています。合格科目は3年間有効です。1科目だけでも合格した場合は、「一部科目合格通知書」が届きます。年に2回試験が受けられて、合格科目は3年間有効なので、3年間で6回試験を受けて、その中で9科目合格していけば良いことになります。そして、筆記試験にすべて合格すると、二次試験である実技試験に進むことができます。
合格の目安は、筆記試験は各科目100点満点の6割、実技試験は、選択した2科目各50点満点の6割です。保育士試験の合格率は20%程度、平成29年の合格率は21.6%で難易度は難しめです。保育士試験を受験するルートの場合は、試験を受験して合格する必要があります。
また、保育士試験を受験するは、「受験資格」を満たしていなければなりません。必ずしも保育関係の学部・学科を卒業している必要はなく、年齢の上限もありませんが、以下のいずれかの資格を満たしている必要があります。

受験資格
大卒、短大卒、
専門学校卒の場合
大卒・短大卒の方は、保育士とは関係ない学部学科であっても卒業すれば受験資格を得ることができます。
専門学校卒の方は、以下の条件をクリアしていれば、卒業と同時に受験資格が得られます。
・学校教育法に基づいた専修学校であること
・卒業した課程が修業年限2年以上専修課程であること
※上記条件どちらか一方でも満たしていない場合には、条件資格を得ることができません。
 ただし、1996年3月31日以前に保育科の高校を卒業している方は、受験資格を得ることができます。
高卒の場合 高校の方は、卒業年度によって受験資格の有無が変わります。
・1991年3月31日以前に高校を卒業した方
 無条件で受験資格があります。
・1991年4月1日以降に高校を卒業した方
 『児童福祉施設で2年以上かつ2880時間以上の実務経験』が別途必要となります。ただし、例外として『高校の保育科を1996年3月31日以前に卒業した方は実務経験なし』で受験資格を得ることができます。
中卒の場合 中卒の方は『児童福祉施設で5年以上かつ7200時間以上の実務経験』が必要となります。
在学中、
中退の場合
4年制の大学に在学中もしくは中退、短大・専門学校在学中でも条件付きで受験資格を得ることが可能です。
●大学
・在学中の方で、2年以上在学し、62単位以上修得済みであること。
・在学中の方。ただし、年度中に2年以上在学、または62単位以上修得が満たせなかった場合、合格しても無効になります。
・大学中退の場合、2年以上在学し、62単位以上修得済みであること。
●短期大学
・在学中の方。ただし、年度中に卒業が出来なかった場合、合格しても無効となります。
●専門学校
・在学中の方。ただし、修業年限2年以上の専門課程であることと、年度中の卒業が条件。卒業が出来なかった場合、合格しても無効になります。

保育士試験を受験する場合の勉強方法

勉強

資格試験の勉強法としては、独学・通学講座・通信講座の3つの方法があります。独学は自分一人で勉強すること、通学講座は学校に通って勉強すること、通信講座は自宅に届く教材やDVDを使って自宅で勉強することです。
独学で学ぶことのメリットは、費用が安いことです。市販されているテキストを自分で購入するだけなので、基本的にテキスト代しか費用がかかりません。思いたったらすぐに勉強を始められるのもメリットです。しかし、独学での学習は、受験日までの勉強計画を自分で立てて、自分一人で実行していかなくてはなりません。自己管理できる人でないと、計画倒れになったり挫折してしまう可能性が出てきます。もちろん一人で勉強するので、わからないことが出てきても質問できる人がいないのも大きなデメリットです。
また通学講座での学習は、独学とは違い、合格までの勉強計画を立ててくれたり、わからないことがあれば質問できるなど、知識がなくはじめて学習する方にはぴったりな学習法といます。ただ、好きな時間に自分のペースで学習できない、通学に時間がかかる、高額な学習費用がかかるなど、家事や育児、仕事が忙しい方には向いていないでしょう。

保育士試験合格を目指すなら通信講座での学習が最適!

学習中

通信教育で学ぶことのメリットは、自宅で好きな時間に勉強ができる点です。通学講座では時間通りに学校に通う必要がありますが、通信講座は自宅にテキストやDVDなどの教材がすべて届くので、自宅で自分のペースで学習できます。家事や育児、仕事などで忙しい人でも、限られた時間で効率よく学習を進めることができ、通学講座と比べて学習費用も安く抑えられ、経済的にもおすすめです。
また、独学とは違い、カリキュラムに沿って学習するだけで試験合格に必要な知識が身につくことや、わからないことがあればすぐに質問できることなどのメリットもあり、これから保育士試験にチャレンジしようと考えている方には最適な学習方法と言えるでしょう。

保育士試験の試験日程

最後に実際に保育士試験について、願書の送付や試験の受験、合格発表までの流れを紹介します。保育士試験は、受験手続きや当日の受験方法が詳細に定められています。ここで事前に保育士試験の試験日程を把握しておけば、慌てず落ち着いて受験申請、当日の受験を行うことができるでしょう。
保育士試験は都道府県ごとに行われており、年2回の実施です。試験日と試験問題は、各都道府県共通なので2カ所以上の都道府県で重複受験はできません。受験申請書受付期間内に、申請書に必要事項を記入し、受験資格を証明できるものなどを添えて提出すれば、受験申請手続きは完了です。試験前に受験票が届くので、試験会場に持参して受験します。

平成31年保育士試験の試験日程は、次のようになっています。後期日程は、筆記試験が10月、実技試験が12月で、試験範囲は前期と同じです。

筆記試験(前期)
4月20(土)
1科目目:保育の心理学(10:30~11:30)
2科目目:保育原理(12:00~13:00)
3科目目:児童家庭福祉(14:00~15:00)
4科目目:社会福祉(15:30~16:30)
筆記試験(前期)
4月21日(日)
5科目目:教育原理(10:00~10:30)
6科目目:社会的養護(11:00~11:30)
7科目目:子どもの保健(12:00~13:00)
8科目目:子どもの食と栄養(14:00~15:00)
9科目目:保育実習理論(15:30~16:30)
実技試験(前期)
6月30日(日)
下記から2分野を選択
①音楽表現に関する技術
②造形表現に関する技術
③言語表現に関する技術

保育士を目指すなら
キャリカレの「保育士受験対策講座」がおすすめ!

試験合格に向けて勉強するなら、キャリカレの「保育士受験対策講座」がおすすめです。キャリカレなら、最短6ヶ月で保育士試験合格が目指せます。保育士試験は試験範囲が広いことが特徴ですが、キャリカレなら、出題頻度が高いところだけに絞って学習できるので、短期間で合格に必要な知識を効率良く身につけることができます。無料質問サポート・添削指導・最長3年間の長期学習サポートなど、各種サポート体制も万全。さらに不合格の場合は受講料を全額返金するサービスもあり、初めてでも安心して学ぶことができます。

キャリカレで学んで
保育士資格を取得した先輩たちの声

片渕 慶子さん
兵庫県在住
試験に出題されるポイントだけを集中的にまとめてくれていたので、「これだけ学べばいいんだ」って信じて学習しました。そして1年目5科目受験した時「これならいける」って確信に変わりましたね!
詳しい体験談を見る
A.T さん
30代/広島県在住
「一問一答」というweb問題を自分の好きな時間に繰り返し行うことができたのが、とても役に立ちました。問題量も豊富で、何度も繰り返し行うことにより知識の定着を実感できたのが良かったです!
詳しい体験談を見る
渡邉 美智子さん
37歳/神奈川県在住
キャリカレで学んで良かった点は、応援メールをくれたことです。添削問題になかなか取りかかることができないでいたところ、ある日キャリカレから「その後いかがですか?」とメールが届き、改めてモチベーションが上がりました。またわからないことがあればホームページから何度でも質問できて、メールで講師の先生からの返事が返ってくるのでとても助かりました!
詳しい体験談を見る
匿名
専業主婦/京都府在住
勉強しないといけないことが教材にまとめられていたので、何を勉強したらいいのか迷うことなく進めることができました。また、通信講座なので自分のペースで学ぶことができ、隙間時間を使って勉強できました!
詳しい体験談を見る

キャリカレの「保育士受験対策講座」で合格を手にした方は他にもたくさんいます。効率的に学べることはもちろん、初学者でも安心して学べるサポートや工夫も満載なので、これから保育士試験を目指す方は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ講座はこちら

保育士受験対策講座

「保育士受験対策講座」
家事しながら、仕事しながら保育士資格がとれる!試験に“出るトコ”だけを学んで短期合格!

※体験レポートは受講生様からお寄せいただいた感想をまとめたもので、プロフィールはその当時のものです。

関連する体験談

注目の体験談

カテゴリー

ページ上部へ戻る