心理カウンセラーになるためには?必要な資格や仕事内容|資格のキャリカレ

カウンセラー

心理カウンセラーは、悩みをもつ人の相談に乗って解決に導く仕事として、人気の高い職業です。しかし、どのような仕事なのかうまくイメージできなかったり、カウンセラーになるためにはどうすれば良いのか、どんな資格が必要なのかわからない、という方も多くいるのはないでしょうか。ここでは、そんな方のために、心理カウンセラーになるための方法、心理カウンセラーの仕事内容、資格の種類と学習方法などを詳しく紹介していきます。

心理カウンセラーとは

ハート

心理カウンセラーは、さまざまな悩みをもつ相談者の話を聞き、悩みに寄り添うように対話し、相談者自身が解決していけるよう支援する職業です。活躍の場は、学校や病院、民間企業などと多岐にわたりますが、資格がなくても心理カウンセラーとして名乗ることができるという一面もあります。しかし、傾聴や対話などを通して悩みを解決していくカウンセリングをはじめ、精神分析や行動療法といった心理療法などを行うため専門知識は欠かせません。さらに、身につけた知識の証明や、お客様への信頼を得るためにも資格は必須と言えるでしょう。そして、多くの人が不安やストレスを抱える現代社会において、心理カウンセラーに期待される役割はさらに大きくなっていくと考えられます。

心理カウンセラーになるには

本

心理カウンセラーとして活動していくには、しっかりとした専門知識とスキルが必要です。そのため、専門知識を身につけることはもちろん、その知識を証明するための資格取得も必要になります。学習方法と資格取得の方法は大きく分けて通学通信講座での学習の2つのパターンがあります。専門知識を習得するために望ましい手段は、体系的に学べる大学や大学院への通学です。しかし、家事や仕事で忙しい場合、仕事を続けながら通学するのは厳しい選択になります。そういった方におすすめなのが、自宅でマイペースに学べる通信講座です。通信講座であれば、カウンセラーに必要とされる知識を身につけられることはもちろん、忙しい方でも無理なく学習できるサポートも充実しており、と家事や育児、仕事をしながらでも資格取得まで目指すことができます。

心理カウンセラーの仕事内容と向いている人

女性

心理カウンセラーの活躍の場は、教育や企業、介護や福祉施設などさまざまな分野に分かれ、仕事内容や期待されている役割も分野ごとに異なります。また、それにともない、その分野での仕事に向いている人と向いていない人もいます。もし、向いていない分野に進んでしまったら、自分だけでなく相談者にとっても大きなデメリットになりかねません。そのような事態を避けるには、仕事内容を知ったうえで、進むべき分野を決めることが大切になります。

心理カウンセラーの仕事内容と活躍分野

心理カウンセラーが活躍する現場の一つが、学校です。学校ではスクールカウンセラーとして働くことになります。主な仕事となるのが、悩みをもつ児童や生徒の心のケアや子どものことで悩む保護者のサポートなどです。また、必要に応じて教職員へのカウンセリングも行います。子どもと触れ合うことが好きな方に向いている現場で、子どもをサポートするお仕事に就きたいと考えている方におすすめです。続いて、一般企業でも心理カウンセラーには重要な役割があり、悩みをもつ従業員のカウンセリングやメンタル面でのサポートが仕事です。さらに、ストレスをコントロールする方法などの研修の講師をする場合もあります。社員教育や職場の環境改善、働く人をサポートしたい方に向いている分野です。また、専門知識とカウンセリングスキルを身につけた方の中には、自身でカウンセリングルームを開くなど、独立・開業をする人も多くいます。カウンセラーとしてあらゆる悩みに向き合い、たくさんの方の悩みを解決していきたいという方や、自分のペースで仕事をしていきたいと考えている方に向いています。

心理カウンセラーに向いている人

悩んでいる人の心に寄り添いケアをする心理カウンセラーの仕事には、知識や技術だけでなく、向いているかどうかもとても大切になります。なぜなら、心理カウンセラーには、先入観や私情に惑わされないよう、相談者の話をじっくりと聞いて向き合うことが求められるからです。それは、決して、自身の価値観を押し付けることではありません。したがって、穏やかな性格であることや相談者が話せるまで待てる根気強さを持っている人におすすめだといえます。ただし、それと同時に、感情移入して冷静な判断ができなくなることを避けるためにも、自分をしっかりと持っていることも大切です。加えて、相談者との対話だけでなく、企業や行政機関、学校などとの連携する可能性もあることから、コミュニケーション能力も必要とされます。

心理カウンセラーの代表的な資格

パソコン

カウンセラー関連の資格は、国家資格民間資格を合わせるといくつもの種類があり、それぞれに異なる運営母体が存在します。また、心理カウンセラーとして活躍するために必要な資格は、働く場所によっても異なります。そのため、資格を取得する前に、その資格がどのような資格なのか、また、どのような場所で生かせる資格なのかを知ることが大切になります。ここでは、心理カウンセラーとして活躍できる代表的な資格にはどのようなものがあり、その資格の取得方法、どんな場所で生かせるのかを紹介します。

①臨床心理士

臨床心理士は、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格です。心の問題を解決に導く心理専門職として高く評価されている資格で、内閣府が認可する資格でもあります。

臨床心理士とは

臨床心理士は、心の専門家として相談者の話を傾聴し、悩みを解決のサポートを行います。また、小中学校のスクールカウンセラーとして必要な心理専門職に認定されているため、教育の現場で活躍する臨床心理士も多くなっています。この資格で証明できることは、心理テストを用いた心理査定技法や面接査定に関する知識があることです。そのほか、地域における心の健康活動に関する人的援助システムのコーディネートやコンサルティングの能力も臨床心理士に求められる専門行為となります。

臨床心理士の資格取得方法

臨床心理士の資格取得には、日本臨床心理士資格認定協会の資格試験に合格する必要があります。この試験には「協会が指定する大学院を修了し、所定の条件を満たしている」、「臨床心理士を養成する専門職大学院を修了」などの受験資格があり、大学院への通学が必要となります。また、医師免許をもち、免許取得後に2年以上の心理臨床経験がある人にも受験資格があります。

②公認心理士

公認心理士は、心理カウンセラーとして活躍するための唯一の国家資格です。2017年9月に施行され、2018年から、文部科学省と厚生労働省によって国家試験として実施されています。

公認心理士とは

公認心理士は、国家資格として認定されているため、法律上、さまざまな業務が担える資格となっています。たとえば、心理査定(アセスメント)、心理面接(カウンセリング)、関係者への面談、心の健康についての教育や情報提供活動などです。業務内容は、民間資格である臨床心理士と似ていますが、より幅広く心理学全般に対応できる専門家としての活躍できます。

公認心理士の資格取得方法

公認心理士の資格取得にも決められた受験資格があります。その一つが、大学と大学院で必要な科目を修了していることです。また、大学で必要な科目を履修したうえで卒業し、特定の施設で2年以上の心理関連の実務経験がある場合も受験資格として認められます。そして、これら2つと同等以上の知識や技能を有するというのも受験資格となっていますが、短期間での習得は難しく、大学で履修していない場合、長期的な学習が必要となります。

③メンタル心理カウンセラー

メンタル心理カウンセラーは、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認定する資格。心理カウンセラーに必要な知識を有することを証明できる、民間資格の一つです。、

メンタル心理カウンセラーとは

メンタル心理カウンセラーは、学校や医療現場、福祉施設、一般企業などで求められる心理カウンセラーとしての知識や技能をもつ存在。さまざまな現場ではその現場の数だけ、人間関係に悩んだり、環境になじめずストレスを抱えたりする人がいます。そのような現場で、心理学の知識に基づいたカウンセリングでケアしていくのが主な仕事です。このようなことから、メンタル心理カウンセラーには、悩みを抱える相談者と一緒に問題を解決できるよう支援していく専門家として役割が期待されています。

メンタル心理カウンセラーの資格取得方法

メンタル心理カウンセラーの資格は通信講座で取得できます。一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認める講座を修了することが受験資格となっており、講座修了後の資格試験は在宅受験が可能です。さらに、より専門的な知識を証明する「上級心理カウンセラー資格」もあり、同時取得を目指すケースが多いのも特徴の一つです。

④メンタルケアカウンセラー

メンタルケアカウンセラーは、メンタルケア学術学会と一般財団法人生涯学習開発財団、一般財団法人ヘルスケア産業推進財団の3つの団体が認定する民間資格です。

メンタルケアカウンセラーとは

メンタルケアカウンセラーは、メンタル心理カウンセラーと同様、メンタルケアにおける入門的な資格であり、心理学をはじめ心の病気やカウンセリング技術を証明する資格です。自身のメンタルケアを学びつつ、生活のなかで直面するコミュニケーションや対人関係に関する問題へ対応する知識を身に付けることができます。

メンタルケアカウンセラーの資格取得方法

メンタルケアカウンセラーの資格は、メンタルケア学術学会指定の講座を受講することで受検資格を得ることができます。一つひとつの添削課題に取り組み、提出したレポートに合格することで修了認定となり、資格取得ができるというカリキュラムです。こちらも、メンタル心理カウンセラー同様、自宅での学習と受験で取得が可能となっています。

⑤チャイルドカウンセラー

子どもの心のケアを学ぶことができるチャイルドカウンセラーは、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認定する資格です。子どもの心に寄り添う心理カウンセラーとなるための民間資格の一つです。

チャイルドカウンセラーとは

いじめや不登校など子どもたちを取り巻く環境は、厳しさを増す一方です。チャイルドカウンセラーは、そのような問題を解決へと導いたり、子どもが抱える悩みを解決できる存在です。資格があれば、専門的な心理学の知識や、その知識に基づくカウンセリング技術を有することを証明でき、幼稚園や保育園、学校、塾など、子どもに関係する施設で活躍できます。

チャイルドカウンセラー資格取得方法

チャイルドカウンセラーの資格取得はメンタル心理カウンセラー同様、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP認定)が認める講座を修了することが必要です。その履修内容は、チャイルドカウンセリングや心理学の基礎概論など、子どもや家族のさまざまな問題を解決できる力を養成する内容となっています。

⑥キャリアカウンセラー

個人にとって、望ましい職業選択をサポートするキャリアカウンセラーは、一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認定する資格です。キャリアアップや適性、メンタル面など年齢や立場、環境の異なる社員一人ひとりのキャリア形成に関する相談などに対応できます。

キャリアカウンセラーとは

キャリアカウンセラーは、個人のキャリアをサポートする専門家です。この資格を取得することで、個人の適性や職業に関する経験に基づいた職業の選択やキャリアアップを支援する能力が証明できます。また、この資格を取得するための履修内容は、人事労務管理や労働法規などの専門的な知識などを含むキャリアカウンセリングに必要な内容となっているのが特徴です。

キャリアカウンセラー資格取得方法

キャリアカウンセラーの資格も、メンタル心理カウンセラーなどの資格と同様に一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認める講座を修了することが必要です。

どの資格がおすすめ?

上記でご紹介したように、カウンセラー関連の資格は数多くあります。その中でも臨床心理士や公認心理士は、内閣府が認可する資格であったり、国家資格だったりと、信頼感もあり、これから心理カウンセラーとして活躍したい方におすすめの資格です。しかし、この2つの資格は専門の大学や大学院に通わなければいけません。家事や育児、仕事で忙しく学校に通う時間が取れない方や、近くに学校がない方は資格取得が難しくなるでしょう。
そんな方におすすめなのが、上記でもご紹介した一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP認定)の「メンタル心理カウンセラー資格」の取得です。この資格を取得するためには、JADPが認める講座を修了することが必要ですが、通学ではなく、通信講座で学べるので、忙しい方や近くに学校がなくて通えないという方でも資格取得が目指せます。
この資格取得に対応した通信講座が、資格のキャリカレの「メンタル心理カウンセラー資格取得講座」です。JADP認定校であるキャリカレなら、専門的な知識を身につけられることはもちろん、短期間の学習で資格取得まで目指せます。さらに資格試験は在宅で受験できるので、無理なく資格取得を目指せます。

「メンタル心理カウンセラー資格」を取得した
先輩たちの体験談!

ここでは、JADP認定校である「資格のキャリカレ」の「メンタル心理カウンセラー講座」で学習し、メンタル心理カウンセラーの資格を取得した方の体験談をご紹介。キャリカレの通信講座で、家事や育児、仕事をしながらでも無理なく学んで資格を取得した方の声を参考に、自分がどのような心理カウンセラーになりたいのかなど、イメージを膨らませてみましょう。

上村友紀さん
32歳/主婦/東京都在住
内容が本当にわかりやすく書かれているので、自然と頭にインプットされていますし、面白くてあっという間に勉強し終わってしまった、という感じです。
詳しい体験談を見る
新井猛さん
45歳/寿司職人/東京都在住
他人の悩み事を聴き、解決に導くために己がどのような立ち振る舞いをしなければいけないのか、凄く勉強になりました。
詳しい体験談を見る
井上ちひろさん
29歳/心理カウンセラー/広島県在住
自分自身のストレスケアもできるようになったので、昔のように子育てで悩んだり不安になったりすることがなくなりました。
詳しい体験談を見る
K・Mさん
30代/東京都在住
美容カウンセラーと副業のカウンセラーとして、自信を持って活動しています!カウンセラー資格は私の宝物です。
詳しい体験談を見る
西谷 文作さん
50代/男性/京都府在住
テキストは薄くて軽いので、どこでも勉強が出来ました。カラーでわかりやすく書いてあって良かったです。わからないところはすぐにメールで聞けるところも気に入りました。
詳しい体験談を見る
榮 俊哉さん
53歳/学校職員/愛知県在住
受講前までに学習してきたキャリアカウンセラーの知識も活かされ、なおかつその知識も深めることができたことです。また、面接技法の事例が数多く紹介されており、ロープレに自信が持てるようになりました。
詳しい体験談を見る

心理カウンセラーを目指すなら
キャリカレの「メンタル心理カウンセラー資格取得講座」が
おすすめ!

心理カウンセラーを目指すなら、キャリカレの「メンタル心理カウンセラー講座」がおすすめです。キャリカレなら、現役のプロカウンセラーが大学の4年間で学ぶカリキュラムから、心理カウンセラーになるために必要な学びだけを厳選しており、カウンセラーに必要な知識がしっかり身につきます。現場で本当に求められる学びに特化したカリキュラムで学んで、心理カウンセラーの資格を取得まで目指せます。

おすすめ講座はこちら

メンタル心理カウンセラー講座

「メンタル心理カウンセラー資格取得講座」
職場の見つけやすさで女性に大人気。転職・再就職に有利な資格を短期間で!

※体験レポートは受講生様からお寄せいただいた感想をまとめたもので、プロフィールはその当時のものです。

関連する体験談

注目の体験談

カテゴリー

ページ上部へ戻る