医療事務の給料・年収の相場はいくら?|資格のキャリカレ

結婚や出産、育児などのライフスタイルの変化に伴い、働き方にも変化が訪れる女性も多いのではないでしょうか。仕事や育児をしながら、新たな資格取得を考えている人もいるでしょう。そのような女性には、知識がない方でも資格を取りやすい「医療事務」がおすすめです。
医療事務は求人数も多く、全国どこでも働くことができます。ここでは、そんな医療事務の仕事内容や気になる給料、そして、医療事務資格取得の勉強方法について紹介します。

医療事務とは

医療事務とは、医療機関での「受付業務」「会計業務」「レセプト業務」を担当する仕事です。「受付業務」は、その名の通り医療機関での受付を行います。訪れた病院で受付の人が笑顔で対応してくれるとホッとすることはありませんか。反対に、受付の人の態度が悪いと残念に思うものです。そのため、「受付」は病院の印象を決める大切な業務といえるでしょう。次に「会計業務」は、診察を終えた患者の治療費の支払いや薬の処方などに対応します。お金のやり取りがあるため正確さが求められる業務です。そして、「レセプト業務」は、患者の診察についてのレセプト(診療報酬明細書)を作成し、患者が利用する医療保険側に請求する業務です。レセプト業務は、他2つの業務に比べて、もっとも専門的知識を必要とします。医療事務の給料は一般の事務と同水準であり、決して高いとは言えません。しかし、医療機関は全国どの地域にも存在するため、求人がなくて困ることはないでしょう。

医療事務の給料・平均年収

正社員(病院の職員)の場合の給料

医療事務で正社員(病院の職員)として働く人の平均的な給与額は、最終学歴が高卒か大卒かによっても違います。まず、高卒の人の場合、平均月収はおよそ15万円で年収180万円です。一方、大卒の人の場合は、平均月収およそ19万円、年収228万円です。さらに、働く病院によって、正社員にはボーナスや退職金が出ることもあります。

また、正社員やパート勤務以外に、派遣社員で医療事務をしている人も増えています。派遣社員として働く場合の時給は、経験や勤務地などによっても異なりますが、一般的には1200円~1500円程度です。たとえば、上記の時給で1日7時間、月に22日間働けば、月収15万4000円~23万円、年収184万8000円~277万2000円と正社員並みに稼ぐことができるでしょう。

パートの場合の給料

人件費削減のために、医療事務を正社員ではなくパートで募集する病院も増えています。パートの人の時給は、各病院やその人のもつスキルによっても違いますが一般的な平均額は850円です。たとえば、上記の時給850円で1日4時間・週5日間勤務したとします。その場合の月収は6万8000円になり、年収にすると81万6000円です。ただし、時給は経験年数や勤務態度によってアップすることも期待できます。真面目にコツコツ勤めるのがカギといえるでしょう。

医療事務にはさまざまな勤務形態があるため、結婚や育児などライフスタイルの変化に合わせて働き続けられるメリットがあります。パート勤務なら短時間の勤務も可能となり、子育て中の女性や主婦でも無理なく働けるでしょう。

あらためて考える医療事務のメリット

給与水準だけを見れば平均年収よりも低いものの、医療事務が女性にとって魅力的な職業であることに違いありません。なぜなら、医療事務はニーズが高く求人が多い職種だからです。女性は結婚や出産、育児のために仕事を退職しなくてはならないケースもあります。いざ、復職しようとしてもなかなか仕事が決まらないこともあるかもしれません。しかし、病院を勤務地とする医療事務なら全国どこへ行っても求人があります。さらに、高齢社会が深刻化する日本では、医療事務のニーズがさらに高まると言われており、需要も高まる一方でしょう。医療事務のお仕事のお給料は決して高いとは言えませんが、長く安定して仕事を続けられるメリットがあります。

医療事務資格取得のための勉強法

医療事務の資格取得には、大きく分けて3つの方法があります。1つ目は、市販のテキストを購入し、自分で勉強する「独学」です。さほど費用がかからないメリットがある一方で、勉強時間を確保し自己管理がしっかりできないと難しいというデメリットもあります。2つ目は、専門学校や通学講座に通う方法です。勉強のスケジュールが立てやすいというメリットがあります。しかし、時間に融通が利かないことや費用がかかることがデメリットとして挙げられます。

3つ目は、自宅で自分のペースで学べる「通信講座」です。通学のように時間に融通がきかないということもなく、自分のペースで好きな時間に学習できるため、忙しい人におすすめの方法です。カリキュラムに沿って学習することで、医療事務のお仕事に必要な専門知識が身につくことはもちろん、学習修了後は資格取得まで目指せるので、家事や育児をしながらでも無理なく学習でき、医療事務を目指せます。

医療事務資格を取得するなら
キャリカレの通信講座がおすすめ!

医療事務に必要な専門知識の習得と資格取得を目指すなら、キャリカレの「医療事務講座」の受講がおすすめです。キャリカレは一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認定する教育機関であり、「医療事務講座」はJADP認定の医療事務資格に対応しています。自宅で好きな時間に学べることはもちろん、無理なく学べる学習カリキュラム、無料質問サポートや添削指導などの学習サポートもあり、これから学習をはじめる方にはぴったりの通信講座です。さらにJADP認定校のキャリカレなら、資格試験は在宅で受験できるので、なかなか家を空けられない、という方でも安心してチャレンジできます。

キャリカレの医療事務講座で学んだ受講生の声

ここでは、実際にキャリカレの医療事務講座で学んだ方の体験談をご紹介。
充実の学習サポートや無理なく学べるカリキュラムで学習し、医療事務資格を取得した方の声をご紹介します。

有地 浩子さん
43歳/専業主婦/兵庫県在住
テキストはイラストもありとても分かりやすく、無理なく効率よく学習できました。添削問題では、コメントでもとても支えられ、「もっと頑張る!」と意欲も湧きました。
詳しい体験談を見る

21歳/女性/秋田県在住
わからない部分を質問した時には私が理解できるまでしっかり教えてくださいました。また、電話対応も丁寧でよかったです。
詳しい体験談を見る
M.Kさん
28歳/長崎県在住
教材がわかりやすく、添削問題に関しても解説がしっかり書いてあったので、「解説があるところに関しては理解すべきなんだ!」と徹底的に勉強できたのでよかったです。
詳しい体験談を見る
K.Sさん
35歳/パート/東京都在住
いざ勉強を始めてみると、「こういうことなのか。」ととても為になり、勉強になることがとても多かったです。
詳しい体験談を見る

キャリカレの「医療事務講座」で資格を取得し、活躍している方は他にもたくさんいます。初学者でも安心して学べる内容なので、これから医療事務として活躍を目指す方は、ぜひチェックしてみてください。

おすすめ講座はこちら

「医療事務講座」
忙しい人・初学者でも最短1ヶ月で修了できる医療事務講座の決定版!

※体験レポートは受講生様からお寄せいただいた感想をまとめたもので、プロフィールはその当時のものです。

関連する体験談

注目の体験談

カテゴリー

ページ上部へ戻る