登録販売者の給料・年収は?働き方・勤務先ごとにご紹介!|資格のキャリカレ

かぜ薬や点眼薬、痛み止めなど、薬局やドラッグストアで手軽に買える市販薬を利用している人は少なくないでしょう。店舗で医薬品を扱うには、資格を持った人が適切に情報を提供しながら販売する必要があります。一般用医薬品の需要が増えるなか、薬剤師でなくとも医薬品を販売可能な登録販売者は、大きな注目を集めている専門資格です。
登録販売者とはどんな資格なのか、また給料・年収はどのくらいなのかを、働き方や勤務先ごとに詳しくご紹介していきます。

登録販売者の給料・年収はどれくらい?

貯金箱

登録販売者とは、処方箋なしで買える一般用医薬品のうち、第二類医薬品と第三類医薬品を販売するための専門資格です。薬局やドラッグストアにおける人手不足の解消や、薬を求める人へ正しい情報を提供することを目的として2009年に誕生しました。登録販売者が店舗に立つことで、薬剤師が不在でも薬の販売や情報提供が可能になります。一般用医薬品を使う人は少なくありませんので、生活に密着した仕事だといえるでしょう。

では、登録販売者を目指す人にとって気になる給料や年収、働き方や勤務先による違いについてチェックしていきましょう。

登録販売者の給料・年収

登録販売者

登録販売者の平均年収は300万円前後です。登録販売者には受験資格はなく誰でも試験を受けることができます。通信教育などで働きながら学ぶことも可能で、門戸は広いといえるでしょう。
登録販売者として働きながら給与水準を上げていくには、経験を積んでいくことがまずなによりも大切です。登録販売者に合格したとしても、実務未経験の場合は管理者や管理代行者の指導のもとでなければ医薬品の販売ができません。正式な登録販売者になるためには、試験の合格と直近5年の間に2年以上の実務経験が必要になってきます。一人で売り場に立てるようになるためにも、実務経験は必須だといえるでしょう。給与を上げるには、経験を積んだうえで、より待遇のいい職場に移るというパターンが多いのが特徴です。

薬剤師との違い

ドラッグストア

登録販売者と同じく医薬品を扱う薬剤師の平均年収は550万円前後です。薬剤師になるためにはまず大学の薬学系学科に進学し6年間にわたって学ぶ必要があります。その後、卒業すると薬剤師国家試験の受験資格が与えられ、試験に合格することで薬剤師の免許を取得できます。薬学系の学科は大学受験の中でも難しい部類に入るうえ、取得に最短でも6年かかるなど、薬剤師は難関資格だといわざるを得ないでしょう
薬剤師は難関資格であるぶん、薬のエキスパートでもあり、登録販売者では扱えない第一類医薬品や処方箋が必要な医療用医薬品を取り扱うことができます。こうした取得難易度と業務内容の違いが、給与の差に反映されています

働き方による給料・年収の違い

アルバイト・パートの場合

アルバイト・パート

登録販売者としてパート・アルバイト勤めをする場合、時給は900円から1100円程度が一般的です。ここに数10円から100円程度が時給に資格手当として加算されるケースが多く見られます。時給1000円と仮定してフルタイムで働いた場合の年収は200万円程度となります。

正社員の場合

正社員

正社員として働く場合、平均年収は330万円から350万円ほどです。年収は実務経験年数や役職によっても大きく変動し、たとえば店舗のマネージャーや店長になればそのぶん増えていきます。資格手当は1ヶ月あたり5000円から1万5000円程度という場合が多く見受けられます。ボーナスは年に夏と冬の2回、約4ヶ月分というのが一般的です。

勤務先による給料・年収の違い

ドラッグストアで働く場合

Pharmacy Interior

幅広い商品を取り扱っているドラッグストアは、登録販売者の求人が多いもっともポピュラーな職場だといえるでしょう。給料は正社員であれば月収20万円から25万円程度、パート・アルバイトの場合は時給1000円前後が平均です。ドラッグストアではパート・アルバイト従業員の割合が高く、従業員全体の7割を超えます。未経験可の求人を選べば実務経験がない人でも就職しやすく、正式な登録販売者へのステップアップも可能です。また、薬の販売のみならず商品管理や売り場づくり、店舗経営に携わるようになれば、店長などへのキャリアアップや収入アップも見込めます。

薬局で働く場合

発注

医薬品を専門に取り扱う薬局では、薬剤師や登録販売者に限定した求人がほとんどで、資格を持っていることが前提ともいえます。ただ、あくまでも一般用医薬品に関わる資格のため、一般用医薬品を扱っていない調剤薬局などでは資格の有無が重要視されないこともあります。一般用医薬品がメインの商品である薬局では、資格が重要なぶん、月収は20万円から27万円程度が相場と、ドラッグストアより若干の高水準であることが多いようです。薬局経営のノウハウを学べば、将来的に自ら開業することもできます。

コンビニエンスストアで働く場合

コンビニ

登録販売者を求めているコンビニエンスストアは少なくありません。コンビニにとっては、店舗に登録販売者を配置することで一般用医薬品を販売できるようになるというメリットがあります。コンビニの給与水準は東京近郊や都市部のほうが高く、地方では低めとなっています。パート・アルバイトとして働く場合、東京近郊では時給1000円から1300円程度、地方では900円程度であることが多いようです。給料は、2年間の実務経験を終え正式な登録販売者になっているかどうかにも左右されます。正社員の場合は、東京近郊で22万円から25万円、地方では18万円から22万円程度がおおよその平均値です

実際に登録販売者として働く方の声をご紹介

ここでは、登録販売者の資格を取得し、実際に働いている方の声をご紹介します。登録販売者としてどのように仕事をしているのか、やりがいなど、これから登録販売者を目指す方はぜひ参考にしてみてください。

Y.Yさん
30代/北海道在住
資格取得後、登録販売者の資格を生かして仕事復帰することができました!現在はドラッグストアで働いています。子育てをしながらの不定期勤務にも関わらず、快く受け入れてくださいました。
詳しく見る
石田 由香さん
30代/兵庫県在住
薬局で登録販売者として働いています。一般用医薬品販売を2年半ほど行っておりますが、登録販売者を取得したお蔭で、時給アップと手当がもらえるようになりました!
詳しく見る
M.Hさん
栃木県在住
現在は転職してドラッグストアに勤務しています。これからは、登録販売者として多くの方のお悩みの解決をお手伝いしたいと思っています。
詳しく見る

まとめ

Medical

登録販売者は、需要が高い職業であるうえに薬剤師と比べるとはるかに受験しやすく、多くの人に資格取得のチャンスがあるのが大きなメリット。薬剤師のように学校に通う必要がなく、通信講座などでも手軽に学べることも魅力です。働きながら、育児をしながらでも十分に資格取得を目指せ、安定した収入を得られるので、キャリアチェンジや産後の社会復帰のために資格が欲しい、とお考えの方にもおすすめです。

登録販売者を目指すならキャリカレの通信講座がおすすめ!

登録販売者講座

キャリカレの「登録販売者合格指導講座」は、登録販売者の資格取得を目指す人にぴったりの内容になっています。科目に合わせた解説つきテキストのほか、映像で授業を受けられたり、直近1年分1200問の過去問題集がついていたりと、一から学ぶ人でも理解しやすい工夫がなされているのが特徴です。通信講座であれば、勉強は時間も場所も選びません。忙しい人でも自分のペースを保ちながらじっくりと学習することができます。
さらにキャリカレなら、万が一不合格の場合でも受講料を全額返金、見事合格すれば、キャリカレの人気講座の中からお好きな講座を無料で受講できるサービスなど、他にはない独自のサービス・サポートも完備。はじめてでも安心してチャレンジできます。

キャリカレで学んだ受講生の声

夏井 志緒里さん
大阪府在住
通信教育でもサポートが通学のようにしっかりしており、安心して受験できました!
詳しい体験談を見る
原田 麻里さん
30代/北海道在住
テキストは語句や内容をただ暗記するために羅列するのではなく、関連事項や背景、理由と紐付けて理解できるような内容になっているので、スムーズに勉強を進めることができました!
詳しい体験談を見る
N.Sさん
20代/主婦
教科書のように全体を細かく書いてあるテキストは理解しやすかったです!また、資格取得後就活のフォローが無料で受けられる点も良かったです。
詳しい体験談を見る

おすすめ講座はこちら

登録販売者合格指導講座

「登録販売者合格指導講座」
はじめて学ぶ方も、仕事が忙しい方も、わずか3ヶ月で一発合格を目指せます。全額返金保証付き!

※体験レポートは受講生様からお寄せいただいた感想をまとめたもので、プロフィールはその当時のものです。

関連する体験談

注目の体験談

カテゴリー

ページ上部へ戻る