医薬品登録販売者試験の難易度と合格率は?|資格のキャリカレ

誰でも受験ができるようになったことから、登録販売者資格の人気が高まっています。しかし、専門的な知識が求められることから、「難しそう…」「知識ゼロからの自分は無理かも…」と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、登録販売者試験の内容や難易度、合格率などを解説していきます。

登録販売者の試験は難しい?

資格試験

登録販売者資格試験について「難しそう」というイメージを持っている人は多いかもしれません。平成26年(2014年度)までは、学歴や実務経験などの受験資格が必要だったため、専門の人が取得する資格と考えていた人もいるでしょう。しかし、現在は受験資格の条件がなくなり、誰でも受験ができます。そして、出題範囲をきちんと押さえて学べば、合格は決して難しくないのです。

出題範囲を理解していれば決して難しくない

勉強

登録販売者試験に合格するためのコツは、出題範囲を理解し、その内容を重点的に勉強することです。なぜなら、地域によって試験内容は違うものの、厚生労働省が作成した「試験問題の作成に関する手引き」に沿った内容が出題されるからです。つまり、この内容を繰り返し学び、模擬問題を解けるようになれば、合格する可能性は高くなります。

医薬品登録販売者試験の出題範囲と合格ライン

登録販売者試験の出題範囲

マークシートと鉛筆

登録販売者試験のベースとなる、厚生労働省の「試験問題の作成に関する手引き」は一般に公開されています。それによると、出題範囲の1項目目は「医薬品に共通する特性と基本的な知識」、2項目目は「人体の働きと医薬品」、3項目目は「主な医薬品とその作用」です。そして、4項目目が「薬事関連法規・制度」、5項目目が「医薬品の適正使用・安全対策」となっています。これらの内容は医薬品全般に関する基本的な知識です。登録販売者が扱うのはドラッグストアなどで市販されている「一般医薬品」の第2類医薬品と第3類医薬品のみです。安全上特に注意が必要な第1類医薬品は扱えません。しかし、医薬品全般に関してお客様から問い合わせをうけることもあります。その際に正しい回答ができるように、登録販売者として基本的な知識を網羅していることが必要です。

登録販売者試験の合格ライン

合格

登録販売者試験に合格するには、まず、全問題の70%以上の正答が必要です。問題数は1問1点で120問なので、84問以上の正答が求められます。さらに、先述した5項目の出題分野すべてで35%以上、都道府県によっては40%以上の正答が必要です。試験の難易度自体は年度によってほぼ変わりません。
全国平均の合格率は少しずつ下がっていますが、これは未経験者や勉強不足の受験者が増えたためだと推測できます。2013年の受験者2万8527人に対して2018年の受験者数は6万5436人と、2倍以上になっているからです。

登録販売者試験の合格率

学習

登録販売者試験の合格率は40~50%となっています。2008~2017年の受験者数・合格者数・合格率推移は以下のとおりです。

2008~2017年の受験者データ
試験実施年度 受験者数 合格者数 合格率
平成20年度(2008年度) 9万1024人 5万8715人 64.5%
平成21年度(2009年度) 4万4788人 2万1209人 47.4%
平成22年度(2010年度) 3万9116人 1万8510人 47.3%
平成23年度(2011年度) 3万3913人 1万6007人 47.2%
平成24年度(2012年度) 2万8050人 1万2261人 43.7%
平成25年度(2013年度) 2万8527人 1万3381人 46.9%
平成26年度(2014年度) 3万1362人 1万3627人 43.5%
平成27年度(2015年度) 4万9864人 2万2901人 45.9%
平成28年度(2016年度) 5万3369人 2万3330人 43.7%
平成29年度(2017年度) 6万1126人 2万6606人 43.5%

合格率が高いのは北海道・東北、合格率が低いのは四国

日本地図

登録販売者試験は各都道府県で実施され、試験内容が異なります。試験日も違うため、複数の都道府県で受験することも可能です。厚生労働省では難易度を全国で統一するために「試験問題の作成に関する手引き」を作成しています。しかし、北海道、東北地方が合格率の上位にランクインすることが多いなど、特定の地域の合格率が高いのは確かです。たとえば、北海道、東北地方における2015~2018年の合格率は50%を超えており、全国平均より5~10%程度高いといえます。逆に、2015~2018年の合格率が32.1%の四国など、平均より低い地域もあります。

受験者数・合格率一覧

平成29年度の登録販売者試験における北海道、東北の受験者数・合格者数・合格率を参考までにご紹介します。

平成29年度北海道、東北の試験データ
都道府県 受験者数 合格者数 合格率
北海道 2032人 1268人 62.4%
青森県 601人 326人 54.2%
岩手県 540人 310人 57.4%
宮城県 922人 573人 62.1%
秋田県 400人 242人 60.5%
山形県 459人 266人 58.0%
福島県 1302人 738人 56.7%

他の資格試験と比べたときの難易度

調剤薬局事務と比べて…

調剤薬局事務

調剤事務管理士(R)技能認定試験と登録販売者試験を比べたときに、難易度が低いのは前者です。合格点は全問題の70%以上などの点は同じですが、調剤事務管理士(R)技能認定試験の場合、参考資料を持ち込める、在宅受験が可能などハードルが低いといえます。試験時間で比べてみても、登録販売者試験が4時間なのに対し、調剤事務管理士(R)技能認定試験は2時間です。合格率も60%程度となっており、登録販売者試験より高い傾向にあります。ただし、調剤事務管理士(R)技能認定試験においては、登録販売者試験にない実技試験が実施されるのが特徴です。
調剤事務管理士(R)技能認定試験と登録販売者試験は、どちらも医薬品に関係した資格です。調剤薬局事務の主な仕事は、医療費の請求などお金に関することです。このため、調剤報酬点数の算定、調剤報酬明細書の作成などが出題されるなど、登録販売者試験とは内容が違います

薬剤師と比べて…

薬剤師

登録販売者試験とは比べようもないほど難易度が高く、専門的なのが薬剤師国家試験です。薬剤師の資格取得には、6年制大学の薬学部の課程を修めて卒業しているなど、厳しい受験資格があります。合格率は80%程度となっていますが、難易度は非常に高いといえるのです。試験では2日間で7科目、345問が出題され、多岐に渡って専門的な薬学の知識などが問われます。合格基準は全問題の65%と登録販売者試験より低いですが、科目毎に基準点を満たすことも必要です。こうしたことから、社会人になって薬剤師の資格取得を目指す人は少ないと言えます。

まとめ

在宅学習

登録販売者試験の難易度は、きちんと勉強すれば誰でも合格できるレベルです。しかし、全体で70%以上、各出題範囲すべてで35%(40%)以上の正答をするには、ポイントを押さえた勉強が欠かせません。過去に出題された問題を繰り返し解くのも効果的です。
登録販売者資格の取得を目指して自宅で学習をはじめるなら、わかりやすい教材や効率良く学べるカリキュラムがあり、しっかりとした学習サポートがある通信講座がおすすめです。忙しい社会人の方や、家事や育児をしている主婦の方などでも、空いた時間を使って自分のペースで学習できます。

登録販売者を目指すならキャリカレの通信講座がおすすめ!

登録販売者講座

キャリカレの「登録販売者合格指導講座」は、登録販売者の資格取得を目指す人にぴったりの内容になっています。科目に合わせた解説つきテキストのほか、映像で授業を受けられたり、直近1年分1200問の過去問題集がついていたりと、一から学ぶ人でも理解しやすい工夫がなされているのが特徴です。通信講座であれば、勉強は時間も場所も選びません。忙しい人でも自分のペースを保ちながらじっくりと学習することができます。
さらにキャリカレなら、万が一不合格の場合でも受講料を全額返金、見事合格すれば、キャリカレの人気講座の中からお好きな講座を無料で受講できるサービスなど、他にはない独自のサービス・サポートも完備。はじめてでも安心してチャレンジできます。

キャリカレで学んだ受講生の声

K.Nさん
北海道在住
キャリカレのテキストは、必要なことが色分けされ、端的に書かれていたのでわかりやすかったです。添削問題も質問の回答も、毎回丁寧にわかりやすく書かれ、心強い励ましの言葉にも支えられました!
詳しい体験談を見る
K.Rさん
神奈川県在住
コンパクトで重要点をおさえたテキストと試験対策可能な問題集。テキストを読む順番と添削問題を出すタイミングも書かれていました。気軽に質問できるシステムや試験情報の配信もあり、合格に向けて一緒に進んでいるという安心感を持って頑張っていけました!
詳しい体験談を見る
與儀 章子さん
36歳/専業主婦
やみくもに独学で勉強するよりも、ポイントを押さえ、かつ、自分のペースでスケジュールを立てて勉強できる通信講座でよかったと思っています!
詳しい体験談を見る

おすすめ講座はこちら

登録販売者合格指導講座

「登録販売者合格指導講座」
はじめて学ぶ方も、仕事が忙しい方も、わずか3ヶ月で一発合格を目指せます。全額返金保証付き!

※体験レポートは受講生様からお寄せいただいた感想をまとめたもので、プロフィールはその当時のものです。

関連する体験談

注目の体験談

カテゴリー

ページ上部へ戻る