トリマーの給料・年収・収入|資格のキャリカレ

トリマーは犬や猫をはじめとする動物の毛をカットしたり刈り込んだりして、きれいに整えるお仕事をする人のことです。ペットと暮らす人がますます増えていることもあり、トリマーという職業に興味を持つ人も多いのではないでしょうか。そこで今回は、トリマーの仕事内容についての説明をするとともに、働き方や収入についても紹介します。

気になるトリマーの年収はやや厳しめ?

トリマーとして働く人の収入は、いったいどのくらいなのでしょうか。あくまで一般論から述べるとすれば、残念ながら、さほどの高収入を得られるわけではありません。トリマーの年収を具体的な数字を挙げながら説明し、働き方のスタイルなどについて紹介していきます。

トリマーの仕事内容

仕事内容

トリマーのお仕事には、その名前の由来が示している通り、トリミングの作業があります。つまり、犬や猫をはじめとするペットの被毛の手入れをして、美しく整えていきます。具体的にはハサミやバリカン、クリッパーなどの道具を使って、ペットの毛をカットしたり刈り取ったりします。トリマーの仕事にはトリミングのほかに、グルーミングと呼ばれる作業も含まれます。全身の皮膚の状態に目を配りながらのシャンプーやブラッシングをするなど、ペットの健康管理にも役立つ大切な仕事です。グルーミングでは耳の手入れや爪のカットなどを行います。

また、時代の流れの中で、人間にとってのペットの存在意義にも変化が現れました。たとえば、犬を例に挙げて見てみましょう。犬は昔、猟犬や番犬としての役割が大きかったため、見た目の美しさをキープするための手入れに関しては、それほど重要視されていませんでした。それが、ペットとして飼われる犬種が増えていったことや、ライフスタイルの変化に伴って、被毛の手入れや容姿を美しく保つことに関する意識が高くなり、トリマーのニーズもますます大きくなりつつあります

就職先・働き方

トリマーとしての仕事ができる職場には、ペットサロンやペットショップが挙げられます。動物病院にもペットサロンを併設している施設があるので、トリミングやグルーミングのできるスタッフとしてトリマーの需要があります。ペットサロンは、個人経営のサロンからチェーン店まであるので、その店舗により経営のスタイルもさまざまです。サービスの一環としてペットの送迎をおこなっているサロンも多いので、トリマーとしての仕事以外のプラスアルファが求められることもあります。

ペットショップでトリマーとして働く場合も同様です。トリマーとしての仕事に加え、ショップを訪れるお客への対応や店で扱っているグッズの販売も業務に含まれることがあります。また、動物病院のケースでは、ペットがトリミングやグルーミングを受ける施設内に、獣医師がいるという安心感を重視する飼い主もいます。そのような場合、時にはトリマーに期待する技術が高い傾向にあることも覚えておきましょう。なお、雇用形態についてですが、正規のスタッフとして雇われる以外にも、アルバイトとして勤務する選択肢もあります。ビギナーのうちはアルバイトとして働き、現場で実務経験を積みながらスキルを高めていくのもいいのではないでしょうか。

平均年収は300万前後 人気トリマーでも500万ほど

正規社員の年収・給料

トリマーの収入ですが、正社員として雇われた場合の初任給の月給では、平均15万円ほどというのが一般的な相場になっています。勤務する店舗や、エリアなどの要素にも影響を受けますが、およそ14万~20万円だという心積もりでいれば間違いないでしょう。つまり、年収にすると180万~250万円になります。しかし、この金額はあくまで平均です。もう少し月給が高いところもあるため、給料にプラスしてボーナスなどの特別手当がもらえるケースだと、年収300万~500万円くらいになる場合もあります。

また、もし年収がそれほど高くなくても、雇用保険や社会保険などの条件によっては事情が変わってくることもありそうです。健康保険や厚生年金の保険料を会社が折半してくれると、金銭面での恩恵が受けられるからです。大手チェーン店に勤務するなどで福利厚生が整っていると、それなりにメリットも大きくなります。店舗によってはグッズの販売など、ノルマが設定されているケースもあります。ノルマがあるとストレスになる恐れもあるので、就職する前にはしっかりとしたリサーチも大切です。

正社員以外の年収・給料

アルバイトや派遣社員としてトリマーの仕事をする場合、750円~1200円が時給の相場になっています。トリミングを希望するお客からの依頼は、週末や祝祭日に多くなる傾向があります。忙しい日のスケジュールに合わせてシフトに入ることが可能なスタッフを募集する店舗もめずらしくないため、トリマーのアルバイトの求人は多めです。

また、トリマーとして雇われるのではなく、独立して収入アップを目指す道もあります。自分の店舗をオープンしてもいいですし、出張トリマーとしてビジネスを始めることも可能です。出張トリマーだと、初期投資にかかる費用が少ないところもメリットです。独立を成功させるためには、スキルの高さや集客など、クリアしなければならない条件はたくさんあります。しかし、ライフスタイルに合わせて仕事ができたり、大幅な収入アップを期待できたりするなど、魅力の大きな働き方だともいえそうです。

トリマーを目指すならキャリカレの「トリマー・ペットスタイリスト資格取得講座」がおすすめ!

トリマー・ペットスタイリスト講座

トリマーとして働くためには、特に必須の資格はありません。ですが、自身の知識やスキルの証明とお客様からの信頼を得るために、資格は必要になるでしょう。

そこでおすすめなのが、キャリカレの「トリマー・ペットスタイリスト資格取得講座」です。一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)認定の「トリマー・ペットスタイリスト資格」取得に対応しており、トリマーに必要な知識やトリミング、グルーミングのスキルをしっかりと身につけられます。通信講座で自宅で学習できるので、学校に通う必要もなく、忙しい方でも無理なく学習を進めることができます。さらに、トリマーとして働くために必須のハサミやコーム、クリッパーなどの道具も一式付属されているので、他で道具を買い足す必要もなく、すぐに学習に取り組むことができます。

おすすめ講座はこちら

トリマー・ペットスタイリスト講座
「トリマー・ペットスタイリスト資格取得講座」
プロのトリミング技術を身につけトリマーとして就職・開業まで目指せる!

※体験レポートは受講生様からお寄せいただいた感想をまとめたもので、プロフィールはその当時のものです。

関連する体験談

注目の体験談

カテゴリー

ページ上部へ戻る