登録販売者とは?資格や仕事内容について| 資格のキャリカレ

健康

薬に関係する資格の一つに、「登録販売者」があります。登録販売者とは、薬局やドラッグストア、コンビニエンスストアなどで医薬品を販売できる資格です。薬に関係する資格というと薬剤師や調剤薬局事務などが思い浮かぶかもしれませんが、登録販売者と薬剤師や調剤薬局事務には違いがあります。
この記事では、登録販売者と薬剤師や調剤薬局事務の違いや登録販売者の仕事内容給料などについて説明し、資格試験の合格率おすすめの勉強方法についても取り上げます。

 

登録販売者とは?

登録販売者の仕事内容

登録販売者とは、風邪薬鎮痛剤などの第二・第三類一般用薬品を販売できる専門的な資格です。2009年までは、薬を販売できるのは薬剤師または薬種商販売認定試験に合格した人に限られていました。
しかし、薬事法改正により、薬剤師がいなくても登録販売者がいれば、スーパーやコンビニエンスストアなどで薬を販売できるようになったのです。登録販売者が扱える医薬品は第二・第三類に限られていますが、それだけで一般用医薬品の9割以上を占めるといわれています。

登録販売者

登録販売者が活躍する背景には、国がセルフメディケーションを推進していることも要因の一つとなっています。セルフメディケーションとは、病気になったりけがをしたりしたときに、自分自身で判断して医薬品を使用し、健康の回復に努めることです。
そのうえで重要なのは、薬の使用法や使用するリスクなどを知り、ふさわしい薬を選べるようしっかりサポートしてくれる人の存在でしょう。各自の健康は各自が責任を持つというセルフメディケーションの考えが浸透しつつある中、医薬品に関する深い知識を持つ登録販売者の活躍に、いっそう期待が高まっているのです。
実際、登録販売者の受験者数は増加傾向にあります。求人も薬局やコンビニエンスストア、ホームセンターなど増加傾向にあり、登録販売者は社会のニーズにマッチした注目の資格であるということができます。

登録販売者の仕事内容、給料

計算

ドラッグストア

ドラッグストアで働く登録販売者の主な仕事内容は、お客様の相談にのって薬を選ぶうえでのアドバイスをすることです。多くの場合、商品の品出しや陳列、在庫管理、レジ打ちなども仕事に含まれます。一般的な給料は正社員で月収19.5~25万円、アルバイトやパートで時給1300~2100円ほどです。

調剤薬局

調剤薬局で働く場合は、処方箋に合わせた調剤は薬剤師が担当します。登録販売者は一般薬品の販売を担当し、処方箋の受付や調剤補助、レセプト入力などを行います。給料は正社員で月収20~27万円、アルバイトやパートで時給1090~2000円くらいが相場です。

コンビニエンスストア

風邪薬や解熱鎮痛剤などは24時間営業のコンビニエンスストアで購入する人も多く、コンビニエンスストアでの求人も増えています。コンビニエンスストアで働く場合は、お客様の相談対応と一般薬品販売のほか、レジ打ち在庫管理、店内清掃なども行います。給料は正社員で月収20~35万円、アルバイトやパートで時給1200~1300円ほどです。
以下に医薬品の種類、対応できる資格、お客様への説明義務、相談への対応義務についてまとめます。

第一類医薬品 ●対応できる資格薬剤師
●お客様への説明義務、書面での情報提供義務あり
●相談への対応義務あり
第二類医薬品 ●対応できる資格薬剤師、登録販売者
●お客様への説明義務、努力義務あり
●相談への対応義務あり
第三類医薬品 ●対応できる資格薬剤師、登録販売者
●お客様への説明義務なし
●相談への対応義務あり

登録販売者と他の資格との違い

登録販売者と薬剤師の違い

医薬品を扱う資格には、登録販売者のほかに薬剤師もあります。薬剤師の仕事は主に、処方箋をもとに薬を調剤することです。
一方、登録販売者の主な仕事は医薬品を販売することなので、両者には大きな違いがあります。薬剤師も医薬品を販売することはできますが、登録販売者が薬剤師のように薬を調剤することはできません。扱える医薬品の種類にも違いがあります。
薬剤師は、第一医薬品・第二医薬品・第三医薬品と、一般医薬品のすべてを扱うことができます。登録販売者が扱えるのは、第二医薬品第三医薬品です。
資格試験の難易度にも違いがあります。薬剤師は国家試験であり、受験するためには6年制の薬学部を卒業していなければなりません。4年制の薬科を卒業した場合は、大学院に進学して実習を受けた人だけが試験を受けることができます。合格率は平均60~80%ほどですが、主に薬学部で6年学んでいる人が受験していることを考えると、その割に合格率は低く、難しい試験といえるでしょう。
一方、登録販売者も公的試験ですが、学歴や実務経験などの受験資格は特にありません。合格率は、およそ2人に1人が合格するほどの割合です。だれもが目指すことができ、基本的に基準点を満たしていれば合格できるので、登録販売者は比較的受かりやすい試験といわれています。

風邪薬

登録販売者と調剤薬局事務との違い

登録販売者に似ているもう一つの資格が、調剤薬局事務です。医薬品に関係する業務をするという点で、登録販売者と調剤薬局事務は似ています。
しかし、調剤薬局事務の主な仕事は、処方箋をもとにして調剤報酬を計算することです。お客様の入っている医療保険に応じて、お客様が負担する金額を算出して会計業務を行います。
月に1回、レセプトと呼ばれる診療報酬請求書を作成して保険者に請求することも、調剤薬局事務の大切な仕事です。薬の調剤を担当したり、薬についてお客様にアドバイスしたり相談を受けたりすることはありません。簡単にいうと、調剤薬局事務はお金に関する業務を担当し、登録販売者は薬の販売業務を担当しているのです。
調剤薬局事務の資格はいくつかありますが、そのうち技能認定振興協会(JSMA)が行う「調剤薬局事務管理士(R)」は、だれもが受験できる試験です。試験は年に6回行われており、決められた試験会場で受験するほかに、自宅で受験することもできます。
子どもが小さい、試験会場が遠いなどの事情があっても自宅にいながら受験できるので、挑戦しやすい試験といえるでしょう。合格率は約60%で、資格取得のためにしっかり勉強して臨めば合格しやすいレベルです。だれでも挑戦でき、比較的合格しやすいという点は、登録販売者と調剤薬局事務の共通した特徴です。

調剤薬局事務

登録販売者の資格試験勉強法

登録販売者試験は、都道府県ごとに年1回以上行われています。試験実施日や試験会場は、各都道府県によって異なります。申し込み締め切り日は、各試験実施日の約2カ月前です。
試験の内容は、全出題数が120問の筆記試験のみです。合格するためには、全出題数のうち7割以上正解し、かつ5つある試験科目のうちどの科目においても4割以上正解していなければなりません。

試験科目
  1. 薬事に関する法規と制度20問
  2. 医薬品に共通する特性と基本的な知識20問
  3. 人体の働きと医薬品20問
  4. 主な医薬品とその作用40問
  5. 医薬品の適正使用と安全対策20問

登録販売者試験を受験する場合には、まず登録販売者試験用の願書を取り寄せなければなりません。取り寄せ方法は、各都道府県の定められた配布場所に行って直接受け取るか、郵送で取り寄せるかのどちらかです。
願書を入手したら、各都道府県が定める方法に沿って記入し、提出します。記入間違いや記入漏れがないように、よくチェックしてから提出しましょう。願書のほかに、受験手数料(各都道府県が指定する収入証紙)や写真も必要です。
申し込み後、試験実施日の1カ月前までに受験票が自宅に送られてきます。受験票が届いたら内容を確認し、試験の当日忘れずに持って行きましょう。合格発表の方法は都道府県によって異なりますが、多くの場合、合格者にのみ合格通知書が郵送で送られてきます。

登録販売者資格の試験勉強に独学で取り組む場合

本

登録販売者資格試験の対策のために、独学で勉強する人もいれば、通信教育を利用する人もいます。独学で勉強するメリットは、何といっても費用を安く抑えられることです。独学では、市販のテキストや過去問題集などを購入して、自分で地道に勉強することになります。この場合、かかる費用は購入したテキストや過去問題集の購入費用のみです。学習時間やスケジュールなどを特に気にせず、ひたすら自分のペースで勉強を進めることができます。
反対に、独学のデメリット学習ペースの配分がわかりづらいことです。各範囲にどれほどの勉強時間を充てればよいかが初めての試験ではつかみにくく、効率良く勉強できない可能性があります。重要ポイントや、試験に頻出する範囲どこかなどもわかりにくいかもしれません。また、独学では一人で黙々と勉強を進めていく必要があるので、途中であきらめてしまいたくなる人もいます。
独学に向いているのは、1人でも強い意志を持ち、合格に向けて着実に勉強を進めて行ける人です。
学習スケジュールを自分で立てて、それにきちんとつき従える人は独学でもしっかり勉強できるでしょう。市販のテキストから重要ポイントや頻出問題を把握し、重点的に勉強する要領の良さも必要かもしれません。独学で資格試験対策をする場合の学費の目安は、テキストや過去問題集の購入代で1200~5000円程度です。

登録販売者資格の試験勉強に通信教育で取り組む場合

学習

通信教育のメリットは、登録販売者資格試験に臨む場合、標準的な学習期間は3~8カ月なところ。通信教育のテキストは、試験によく出る範囲がうまくまとめられていて、効率的に学習できます。
多くの場合、過去問題集も豊富なので、最新の出題傾向を把握してそれに合わせた対策も取りやすいでしょう。勉強する時間場所自由に決められるため、ライフスタイルに合わせて勉強しやすいという面もあります。

通信教育のデメリットは、独学に比べると費用がかかることです。しかし、通信教育によっては万一不合格だった場合には費用を全額返金してくれるところもあります(キャリカレは全額返金サービスを用意しています)。リスクがないので、初めての人でも安心して挑戦できます。お金を払っているという意識が、合格に向けて頑張ろうというモチベーションアップにもつながるでしょう。また、費用がかかるといっても資格取得の学校に通って授業を受けるよりは安く済みます。

通信教育に適しているのは、登録販売者資格試験を初めて受ける人です。初めてであれば勉強の仕方やペース配分がわかりづらいため、独学よりも通信教育がおすすめです。
独学ではペース配分のミスなどにより時間を無駄にしてしまいがちなので、忙しい人も、効率良く対策できる通信教育のほうが良いでしょう。通信教育で勉強する場合の学費は、3万5000~4万5000円が目安です。

登録販売者資格を取得した先輩たちの体験談!

登録販売者の資格には興味があるけれど、試験のための勉強を一人でうまく進められるか不安、という人は多いのではないでしょうか。そんな人にこそ、キャリカレがおすすめです。
試験範囲を効率良く勉強できるようテキストがまとめられているので、初めて試験を受ける人でもわずか3カ月から合格を目指せます。テキストをしっかり読めば問題が解けるようになっているので、一人でも十分勉強を進めていくことができるでしょう。
通信教育のキャリカレなら、テキストに加えて映像講義も受けられます。登録販売者試験を知り尽くした先生がわかりやすく解説してくれるので、内容が頭に残りやすくなっています。映像講義はスマートフォンやタブレットから視聴可能で、出先などでも空いた時間を活用して勉強できます。
しかも、勉強中に出てきた疑問点などは、ベテランの講師に相談することができます。「この言葉の意味がよくわからない」「このままのペース配分でよいのか不安」など、疑問や悩みがあれば遠慮なく相談してみましょう。
これまで多くの受講生を合格へと導いてきた経験や実績を活かして、合格までしっかりとサポートしてくれます。キャリカレの通信教育を利用した勉強方法のイメージを膨らませたい人は、実際に体験した受講生の口コミを参考にしてみましょう。

福重真論美さん

まず紹介するのは、「私自身もびっくりするような点数で合格することができました」と語る福重真諭美さんです。福重さんは、時給アップや資格手当に惹かれて登録販売者に興味を持ちました。知人が独学で不合格となったこともあり、金銭的にお得だったキャリカレを選んで勉強を始めることにします。
キャリカレには不合格となった場合にも返金保証があるので、「無料で勉強ができるという思いがあった」という福重さん。しかし、返却されてきた添削問題の回答用紙に書かれていた励ましの言葉により、素直に合格したいという思いが強くなっていったといいます。電話対応のオペレーターの親切な対応や、時折送られてくるメールなども励みになったそうです。
資格試験への取り組みに関しては、「大切な箇所が色分けしてあって、試験対策としてやらなければいけないところがはっきりとしていたので助かりました」と語っています。福重さんにとっては初めての登録販売者試験で要領をつかむのが大変だったそうですが、試験対策について質問したときのアドバイスが大変助けになったとのこと。そのアドバイスのおかげで、取れるところできちんと点を取ることができ、その結果見事高得点での合格となりました。励ましの言葉や適切なアドバイスが、勉強を続けるモチベーションや効果的な試験対策となったことが伝わってきます。

引田敦仁さん体験談

次に紹介するのは、「勉強方法がわからず悩んでいた」という引田敦仁さん。
2015年4月に登録販売者試験の受験条件がなくなったことを機に、それまではあきらめていた登録販売者の資格にチャレンジしてみる気になったそうです。初めは独学で勉強していましたが、勉強方法に悩んでいたときに、ドラッグストアでキャリカレの資料を見つけたそうです。
気になって店員に声をかけてみると、そこで働いていた登録販売者がキャリカレで合格したとのこと。そのとき「やってみようと思った時がスタートですよ」と店員に声をかけられたことが、受講する決め手となったそうです。
実際にキャリカレを始めてみて、「テキストはポイントがわかりやすく、大事なところは別表にまとめてあったので勉強しやすかった」と語る引田さん。テキストでわかりづらいと思ったところは映像講義を見て、理解を深めていったといいます。
さらに、勉強していてわからないところは、質問サービスも利用しました。質問サービスについては、「わからないところをそのままにしないで済みますし、対応が思っていたよりも早くて助かりました」と語っています。
わかりやすいテキストに加えて、映像講義や質問サービスといったサポートも十分活用したことが、合格に大きく近づく要素となったのでしょう。これから受講する人に向けて、「キャリカレのスタッフの皆さんがしっかりサポートしてくれますよ。まずは焦らず、一歩ずつ進んでいってください」とエールを送ってくれています。

まとめ

セルフメディケーションという考えが浸透しつつある中、登録販売者の資格を持っていれば、活躍できる場はぐっと広がります。医薬品に関係する仕事をするという意味では調剤薬局事務と似ていますが、薬に関してアドバイスをしたり相談にのったりできるのは登録販売者のほうです。
登録販売者は、薬剤師のように試験を受けることができる資格のハードルも高くありません。だれもが試験に挑戦することができ、比較的合格しやすい試験でもあるので、興味のある人はぜひチャレンジしてみましょう。

試験

登録販売者試験を受けることにしたなら、おすすめなのは通信教育のキャリカレを利用した試験対策です。試験によく出る箇所を中心に学習でき、重要なポイントは繰り返して復習できます。1人で試験勉強を進めるのが不安な人や、忙しい人も効率良く試験に向けて対策ができます。「不合格にならないか心配」という人も、キャリカレなら万が一不合格になっても全額返金サービスがあるので安心です。講座修了後には就職・転職サポートがあり、資格を活かして働きたい人も活躍の場を見つけやすくなっています。キャリカレの登録販売者講座を利用して、健康に不安を抱える人の役に立てる登録販売者の資格を手に入れましょう。

オススメ講座はこちら

登録販売者合格指導講座
「登録販売者合格指導講座」
初めて学ぶ方も、仕事が忙しい方も、わずか3ヶ月で一発合格を目指せます。全額返金保証付き!

※体験レポートは受講生様からお寄せいただいた感想をまとめたもので、プロフィールはその当時のものです。

関連する体験談

注目の体験談

カテゴリー

ページ上部へ戻る