医療事務の資格試験でおすすめの勉強法は?資格取得の難易度も紹介!

医療事務は、医療機関で受付や会計などを担当する仕事です。どこにでも職場があり、雇用形態を選べば子育て中でも働きやすいといった事情から、若い世代子育て世代女性に人気の職種となっています。
医療事務の仕事そのものは資格なしでもできますが、実際の採用にあたっては資格があると有利です。そこで、この記事では医療事務の仕事内容や取得しておきたい資格などについて解説します。

医療事務とは?

医療事務は、医療機関で受付や会計などを担当するスタッフの仕事を指します。医療事務は特に女性に人気の高い職種のひとつですが、それにはいくつかの理由があります。

医療事務として働く女性

1つは、一度スキル資格を身につければ、どこに行っても働けることです。医療機関で働く医療事務の求人は、全国どこに行ってもあります。したがって、引っ越しなどの理由で一度仕事をやめてしまっても、新しい職場を見つけやすいのです。
専門的な知識・スキルを求められる仕事ということもあり、経験者ともなれば応募できる求人数も増えます。一度経験を積めば、長く働ける職種です。

もう1つは、ライフスタイルに合わせて柔軟な働き方ができることです。医療事務の求人には正社員やパート・アルバイトなどさまざまな雇用形態の求人があります。そのうち、パートやアルバイト、派遣といった非正規雇用の求人については、午前中のみ週に数日のみといった時間に融通のきく働き方が可能です。
そのため、子育てなどの事情でフルタイムで働けないという人でも働きやすくなっています。もちろんフルタイムで働ける人については、フルタイムの求人を探すことも可能です。そのときどきの事情によって働き方を自由に選べるのは、医療事務という職種ならではのメリットといえるでしょう。

医療事務の仕事は事務系の仕事のなかでは専門性の高い仕事です。なかにはレセプト業務のように、働くにあたってはスキルや経験が求められる業務もあります。それだけに、未経験の人が目指すのであれば資格があると有利です。ここでは、医療事務の主な仕事内容および関連資格について紹介します。

医療事務の仕事内容・求められるスキル

医療事務は、医療機関内で受付や会計などを担当します。その主な業務については、受付業務・会計業務・レセプト業務の3種類です。

医療事務として働く女性

受付業務は、診察を受けに来た患者の受付を担当します。具体的には、保険証の確認を行ったり、初診の人に対しては問診票の記入をお願いしたりします。受付担当は、病院に来た患者が最初に出会うスタッフです。それだけに、病院の顔となる存在といえます。患者に不安や不快感を抱かせないように、気配りやコミュニケーション能力が必要とされます。

会計業務は、診察が終わった患者に対して治療費を請求する仕事です。薬の処方があるときには処方箋を渡すこともあります。会計業務で大切になるのは、すばやさと正確さです。処理に時間がかかると患者を待たせてしまうことになりますし、お金を扱う仕事だけにミスがあると信用問題になりかねません。

レセプト業務は、医療事務の仕事のなかでも、もっとも高い専門性が求められる業務のひとつです。保険診療の場合、患者がすべての治療費を負担するわけではありません。一定の部分については、患者が利用している医療保険側が負担します。このぶんの診療報酬を計算・請求するのがレセプト業務です。レセプト業務ではレセプト(診療報酬明細書)を作成し、それに基づいて1ヶ月分の診療報酬を翌月10日までにまとめて請求します。
レセプト業務ではレセコンといわれる専用のコンピューターやソフトウェアに、専用のコードを使って診療内容を記入していきます。診療内容に合った専用コードをすばやく正確に記入できるようになるためには、コードをすべて覚えられるだけの記憶力が必要です。また、頻繁に制度が改正されるため、つねに新しい知識を身につけようとする向上心も求められます。

医療事務資格を取得することのメリット

メリットを紹介する女性

実は、医療事務として働くためには特に資格は必須ではありません。医療事務関連の国家資格はなく、すべて民間資格となっています。
資格取得が職業につく条件にはなっていないため、本人にスキルと経験があれば資格がなくても働けます。しかし、実際問題として初心者が新しく医療事務に採用されるのは簡単なことではありません。医療事務には、レセプト業務のように専門的な知識やスキルが要求される業務があり、採用にあたっては経験者が優遇される傾向があるからです。すでに十分な経験とスキルを備えた人ならともかく、まったくの未経験の人が就職・転職を目指すのは難しいといえるでしょう。

そこで、役立つのが医療事務関連の資格です。資格を取得すれば、少なくとも業務に必要な知識・スキルについて学んできたことを証明できます。また、「この仕事につくために努力をしてきた」ということにもなりますので、仕事への意欲・やる気もアピールできます。未経験者が医療事務の仕事に挑戦するなら、資格があったほうが有利といえるのです。

さらに、将来を見すえ、医療事務でキャリアアップを図りたい人にも、医療事務はおすすめの資格です。医療秘書など関係する資格をとれば仕事の幅も広がっていき、資格取得者には待遇面でのメリットもあります。さらに取得した資格によっては資格手当がつく可能性もあります。仕事を長く続けていくうえではやりがいと同じくらい収入も大切です。資格手当という形での収入アップが狙えるのは大きなメリットといえるでしょう。

医療事務資格の種類

民間資格である医療事務関連の資格には、さまざまな種類の資格があります。
ここでは、キャリアアップに定評のある医療事務資格を3つ厳選して紹介します。

診療報酬請求事務能力検定試験

医療事務系の資格としてはもっとも難しい資格で、年に2回しか試験を受けることができません。試験問題では医療事務の業務に必要な知識が幅広く問われますが、特に診療報酬請求の算定に関する出題がメインとなる傾向があります。また、実技ではレセプト作成があります。

試験難易度 難しい
主催・運営元 公益財団法人 日本医療保険事務協会
受験料 9,000円(消費税込み)
受験資格 特になし
実施時期 7月・12月の年2回
試験時間 180分
合格率 3~4割程度
合格基準 学科100点満点中60点以上かつ実技100点満点中80点以上
医療事務技能審査試験

医療事務に関係する資格のなかでも受験者数が多い資格です。試験は、毎月実施され、各当道府県の指定の会場に行って受験することができます。資格試験の勉強を通して、診療報酬請求事務をはじめとする医療事務の業務内容全般について幅広く問われます。

試験難易度 普通
主催・運営元 一般財団法人 日本医療教育財団
受験料 7,500円(消費税込み)
受験資格 特になし
実施時期 年12回(毎月)
試験時間 学科 60分、実技I 50分、実技II 70分
合格率 7割前後
合格基準 すべての科目の得点率が70%に達した時点で合格
医療事務資格試験

認定教育機関で受講すれば、在宅受験が認められており、仕事や子育てで時間に余裕が無い方にも安心です。試験は、医療機関等での受付業務、院内コミュニケーション、診療報酬請求事務業務に関する職業能力まで幅広い知識が問われ、未経験から医療事務に挑戦したいという人に特におすすめです。

試験難易度 普通
主催・運営元 一般財団法人 日本能力開発推進協会
受験料 6,048円(消費税込み)
受験資格 特になし
実施時期 認定教育機関のカリキュラム修了後、随時在宅にて受験可能。
試験時間 特になし
合格率 非公開
合格基準 すべての科目の得点率が70%に達した時点で合格

医療事務資格試験のおすすめの勉強法は?

学習している女性

医療事務の資格試験の役割は、業務に必要とされる知識やスキルを証明することです。医療事務として働くためには、レセプト業務に関する知識人体・傷病に関する知識医療保険制度に関する知識などが求められます。
また、実際の実務にあたっては、レセプトを作成したり、作成した内容に誤りがないかどうかチェックしたりする能力も必要です。
医療事務資格の試験勉強を通して、受験者はこれらの必須知識ゼロから学ぶことができます。医療事務の仕事に直接役立つ知識やスキルを習得するという意味でも、特に未経験者にとっては資格試験の受験は意味のあることなのです。

 

医療事務の資格試験は、そこまで難しいものではありません。しかし、それでも一定期間きちんと勉強を続け、試験に備えておく必要があります。
医療事務資格の勉強方法には、基本的に独学、通学講座、通信講座の3種類があります。それぞれメリット・デメリットがありますので、自分に合った方法を探すことが大切です。

おすすめの勉強法は、独学?通学?それとも通信講座?

資格試験の勉強法には、独学・通学講座・通信講座の3つがあります。それぞれ詳しく見ていきましょう。

独学

市販のテキストを買い、独学で学習を進めます。独学メリット費用が安いことです。テキスト代以外の費用がかからないため、とにかく費用を抑えたい人にはおすすめです。
一方、独学にはデメリットもあります。それは、自分で勉強のスケジュールを立てる必要があることです。自己管理ができていないと勉強時間が確保できないですし、勉強自体を途中で挫折してしまう可能性もあります。勉強に必要な費用については、自1万~1万5000円程度が目安です。

専門学校・通学講座

専門学校や通学講座で講義を受けるという勉強方法もあります。通学講座で勉強する方法のメリットは、学習計画が立てやすいことです。講義に合わせて勉強していけばよいため、自分ひとりで勉強するのとは違って学習のペースがつかみやすくなっています。
一方、デメリットもあります。1つは時間場所融通がきかないことです。授業を受けられる場所や時間帯が決まっているため、授業に合わせてスケジュールを組む必要があります。もう1つは費用が高いことです。特に専門学校の場合は高額の学費が必要になります。
このような事情から、時間的・金銭的な余裕がある人におすすめの方法といえるでしょう。資格の勉強に必要な費用については、資格学校の通学講座の場合で約6万~9万円、専門学校では約200万円が目安です。

通信講座

通信講座では試験対策用のテキストDVDなどの教材を使い、自宅で講義を受ける形で勉強を進めます。自宅で講義を受けられるというメリットがあるため、限られた時間で効率よく学習を進めたい人におすすめです。
逆にデメリットは、独学と同じように自己管理能力がある程度求められることです。確実に講義を消化できるように、勉強時間を確保しておく必要があります。なお、必要な費用については4万~6万円くらいが目安です。

通信講座で合格した先輩たちの体験談!

通学講座に通う時間的・金銭的な余裕はないけれど、完全な独学も不安という人もいるのではないでしょうか。そんな人にこそ通信講座がおすすめです。
通信講座は、独学と通学講座のちょうど中間に当たる勉強法です。自宅で勉強できる、サポート体制がしっかりしているといった特長があることから、他の勉強方法にはない複数のメリットがあります。

1つ目のメリットは、通学時間が不要ということです。自宅で講義を受けられるため、忙しい人でもいちいち講義を受けに行くために外出する必要がありません。また、好きな時間帯に講義を受けられるため、すきま時間を活用して勉強できます。通学講座に通う時間的な余裕のない人にはおすすめです。

2つ目は、サポート体制がきちんと整っていることです。通信講座と独学の違いは、サポート体制の有無です。通信講座の場合、通信添削がある、質問も受け付けてくれるなど、ひとりでも安心して勉強できる環境が整っています。
資格試験の勉強で怖いのは、わからないところをわからないままにしてしまったり、勘違いしたまま学習を進めてしまったりすることです。正確な知識が身につかないまま勉強をしてしまうと、試験で失敗してしまう原因になります。
また、将来実務についたときにも不安な点が出てきます。そういった意味で、講師による丁寧なフォローを受けられるかどうかというのはとても重要なことです。
ここからは、実際にキャリカレ医療事務講座を受講し、そのメリットを生かして見事合格を果たした先輩方の体験談を紹介します。

医療事務講座受講生「K.S.」さん体験談

医療事務の受講生

まず紹介したいのが、「資格取得も就活も大変でしたが、努力は必ず身になるんだと実感することができました」と語る医療事務講座 受講生「K.S.」さんの体験談です。
「以前から興味のあった医療事務講座の資料請求をして、思い切って受講の申し込みをしました」というK.S.さん。最初のうちは、本当に続けられるのかどうか不安はあったものの、いざ勉強を始めてみると、「こういうことなのか」とためになることがとても多く、楽しく取り組めたといいます。

勉強を進めるうちにだんだんわからないことが増えてきたものの、それについては講師の人に何度も質問をし、疑問点のあった部分についてはひとつひとつ確認をしながら学習を進めていったそうです。フォロー体制がしっかりしている通信講座ならではのメリットでしょう。
順調に学習を進めていたK.S.さんでしたが、一時は勉強するのが嫌になったこともあったそうです。しかし、自分で決めたことだから、と自分を奮い立たせ、毎日同じ時間に机に向かいコツコツ勉強を続けました。その甲斐あって見事に資格を取得、さらに就職先も決めることができました。
「資格取得したら就職はすぐだと思っていましたが、やはり甘い考えでした。いろんな病院に面接に行き、書類選考で落ち、本当に就職できるのか不安でいっぱいでした。でも、やっと内定をいただいた日は、とてもうれしくて思わず涙が溢れました。資格取得も就活も大変でしたが、努力は必ず身になるんだと実感することができたのは、私にとって大きな収穫です」と、K.S.さんは語ります。

医療事務講座 受講生「M.K.」さん体験談

医療事務の受講生

つぎに紹介するのは、「丁寧にわかるまで教えてもらえたことで、一発合格の夢を実現できました!」と語る医療事務講座 受講生「M.K.」さんの体験談です。
M.K.さんは、せっかく資格を取得するなら一発合格を目指したいと思っていたそうです。しかし、その一方で「事務という仕事に携わることが一度もなかったため、受講前は一発合格という夢は大きすぎるかな」という不安もあったようです。
しかし、講師のサポート教材のわかりやすさもあり、少しずつ勉強する内容への理解が深まっていったといいます。

また、添削問題についても、丁寧な解説がとても勉強になったそうです。わからないところについてはたくさん質問しながら、確実に学習内容への理解を進めていったM.K.さん。カリキュラム終了後には見事、一発合格の夢を果たしました。
「問題集や添削問題を何度も何度も解いて、少しでもわからなくなったりしたら、すぐに質問させていただきました。何度も同じことを質問したこともあったのに、丁寧に優しく教えてくださって、応援メッセージ等までいただけたのは私の中で心強い支えでした。
先生おひとりおひとりが真剣に向き合って丁寧に教えてくれて、力になりたいという気持ちが伝わってきたことが何より大きかったと思っています!本当に感謝しています」とM.K.さんは語ります。
わからないところを質問できる、講師に励ましてもらえるといった点は独学では得られないメリットです。これらの充実したサポート体制が、学習内容への理解度アップおよび資格取得へのモチベーション維持につながったことがうかがえます。

医療事務資格に関するまとめ

医療事務として働く女性

医療事務は、子育て中の女性新しく仕事を始めたい人にもおすすめの職種です。医療機関は日本全国にありますので、一度スキルや経験を身につければどこに行っても仕事が見つかります。
ただ、経験が重視される職種であることから、採用にあたってはどうしても経験者が優遇される傾向があります。まったくの未経験者が新しく医療事務の仕事を始めるのは難しいといえるでしょう。
そこでおすすめなのが、資格を取得することです。医療事務関連の資格を取得すれば業務に必要な知識・スキルを証明できます。特に未経験の人にとって、資格は足りない経験を補う役割を果たしてくれるものです。
医療事務としての就職・転職へのハードルが無資格のときと比べてかなり下がります。未経験者が医療事務のスタッフとして働くのであれば、医療事務資格の取得は必須といってもいいでしょう。

キャリアカレッジジャパンの医療事務講座は医療事務資格認定講座であり、最短1ヶ月で医療事務の資格を取得できます。早く資格を取得したい就職活動をすぐにでも始めたい人にはおすすめです。
また、通信講座なので忙しい人でも学習時間を確保しやすい、サポート体制が充実しているといったメリットもあります。

さらに、キャリアカレッジジャパンでは、医療事務への就職・転職を見すえて資格を取得したい人のために、専属のキャリアコーディネーターが、求人情報の提供履歴書・職務経歴書の書き方をアドバイスしてくれるなど、就・転職活動も全力で応援します。
医療事務の世界で活躍したい人を応援する講座になっているので、ぜひ詳しくチェックしてみてください!

オススメ講座はこちら

「医療事務講座」
忙しい人・初学者でも最短1ヶ月で修了できる医療事務講座の決定版!

※体験レポートは受講生様からお寄せいただいた感想をまとめたもので、プロフィールはその当時のものです。

関連する体験談

注目の体験談

カテゴリー

ページ上部へ戻る