フード・ドリンクに関する体験談詳細

【調理師合格指導講座】

コロナ禍で短縮された労働時間、ピンチをチャンスに置き換え勉強することで合格!ベストなタイミングで出会えたことに感謝です。

コロナ禍で短縮された労働時間、ピンチをチャンスに置き換え勉強することで合格!ベストなタイミングで出会えたことに感謝です。

C.Kさん/30代/パート/栃木県/2020年12月

「調理師合格指導講座」

学習内容は、資格試験に役に立ちましたか? どのような点が役立ったのか教えてください。

私が調理師試験を受験しようと決心したのが試験2ヶ月前でした。さすがに2ヶ月で国家試験に挑むことは考えが甘いかと迷った時に、ネットでキャリカレ様をみつけました。「これだ!!」との直感に講座を申し込み、合格することができました。科目ごとの内容が薄型の冊子にまとまっていた為に持ち運びしやすく、仕事後や家事・育児の隙間時間に場所を選ばず、数十分ずつ勉強を積み重ねることができました。添削問題では、自分がどこまで理解できているかの確認ができました。

時間がない中も勉強しやすい順序になっており、感染予防対策や食文化等、要点が図や表でまとまっていてわかりやすかったです。栄養や調理理論等、知れば知るほど生活にも生かせるので効率が良く、生活が豊かになりました。ベストなタイミングにキャリカレ様に出会えたことに感謝です。

本試験は自信を持って臨めましたか?また、その理由も教えてください。

正直なところ試験日の朝は「やはり2ヶ月の勉強時間では全部学びきれなかったのではないか?」とプレッシャーが蘇ってしまいました。ですが試験会場に着いてから、試験開始までの間に少し勉強する時間があり、その際にポイントがまとまっている『暗記BOOK』を読み返しました。さらに今まで添削問題を提出した際にいただいた各講師の皆様からの温かい励ましのメッセージを思い出したら、試験開始の合図時にはプレッシャーが自信へと変わっていました。

試験問題は難しかったものの『やりとげた感』を実感できたのも、各講師の皆様やうまく要点がまとまっていた教材のおかげです。

どれくらいの時間学習をされていましたか?1日や週間の学習時間を教えてください。

仕事が終わった後から帰る前の職場での20~30分・家事と育児の合間、夕食を作る前の10~20分ずつ。 休日にまとめて2時間+添削問題をやっていきました。夕食を作る前に勉強すると、学んだ知識がそのまま調理に活かされて、こども達の『食べムラ』や『好き嫌い』が少しずつ解消されていったのでありがたいと思いました。

またこのコロナ禍の影響で、短縮された分の労働時間を『普段だったら仕事していたつもり』で ピンチをチャンスに置き換えて勉強しました。

資格を生かして何か活動や実践をしていますか?また、これからどんなことに生かしていきたいですか?

まずは調理関係である仕事に自信を持って取り組むと共に、お客様への対応にも適切に知識を活かしていきたいです。また生活のベースである家庭にて、こども達が健康にすくすく育てるように活かしていくと共にSNS等でも学んだ知識を発信し皆様と楽しく共有していきたいです。

体的な活動内容や実践していること、現在の状況を詳しく教えてください。

このコロナ禍にて、飲食店ではどのように安全で安心な食材を提供できるかを考えると共に、どんな立場の方にも安心して足を運んでいただけるような環境を整備すること。家庭ではどのようにこども達それぞれの『好き嫌い』をなくし、食べムラを防げるかを考えると共に、楽しく食事ができる工夫をすることです。

「資格を取得しよう」「勉強しよう」と思った理由を教えてください。

仕事では、だんだん指示を出す立場になりつつも、なかなか仕事に対する自信が持てないままだった為、ピーク時に『瞬時の判断と指示』を『知識と自信を持って』できるようになりたかったこと。もとから調理や栄養には興味があった為、人生の転換期・コロナ禍で変化した時期に、今だからこそできることをしようと思ったこと。そのタイミングに、職場と家庭にて『資格の話』をしたのがきっかけでした。

躊躇したこと(不安な点)はありましたか?

受験しようと決心したのが受験日の2ヶ月前でしたので、勉強が間に合うかどうかと、受験日当日に、今まで勉強したことを忘れていないかと不安になりました。仕事や子育てを両立できるかどうかも不安でした。

不安を解消できた理由を教えてください。

ネット検索した際に、効率良く勉強できる順と内容にまとまっていると書いてあったのが、まず安心したポイントです。短時間ずつでも勉強しやすいよう、各教科別に1ページずつ図や表や赤字で書いてあった為、目で見て頭にイメージが残りやすかったです。また、添削問題を提出した時ごとにいただけた、とても励みになる講師の方々からのコメントは、試験当日の不安を払拭してくれ『頑張ろう』と思えました。

実際に学んでみて、テキスト・映像講義は学びやすかったですか?「ここが良かった」という点を教えてください。

試験当日まで日にちが少ない中も、教科ごとに、添削問題を出すことで『1教科学び終えた感』を実感することができ、また間違えた回答に関しては、わかりやすく解説があった為『この教科は大丈夫だ』と自信と安心感を積み重ねられて良かったです。頻出問題には『ここがポイント』とわかりやすく表示されていたと共に『語呂合わせ』で暗記する方法は、緊張した中でも思い出しやすく学びやすかったです。

質問サポートや添削サポートを利用された感想はいかがでしたか?また、「ここが良かった」という点を教えてください。

初めての添削問題のコメントに『○○さんは高得点ですね』という言葉に「この調子でいけば合格できるのでは?」と、道の先に光が見えた感じがしました。苦手な教科の際は『ここでの勉強のポイント』を教えていただけたことと、前向きになれる嬉しい言葉をかけていただけて、添削問題を提出するのが毎回の目標であり楽しみにもなりました。このような『楽しみ』があると、勉強もはかどります。

その他サポートについての感想やここが良かったという点があれば教えてください。

添削問題の解答やコメント欄、いつも1文字1文字丁寧に書かれているのを見る度、1人ひとりを大切に対応されていることを実感しては、ありがたく思いました。郵送での添削問題提出時も、郵便物が無事に届いて添削を受付けしたことを、メールでお知らせしてくださったのも安心でした。サポート面がしっかりしていて、安心して勉強に取り組むことができました。

これから受講を考えている方へメッセージをお願いします。

勤続年数が上がるとともに、責任や自信も必要になります。更にこのコロナ禍で、生活や環境が著しく変化し、1つ1つの決断や指示に自信を持てるようになりたいと思いました。ちょうど、飲食店である職場は営業時間短縮となり、その『短縮になった時間』を生かせば資格が取れるのではないか?と、ピンチをチャンスに変える決意をしました。

今まででしたら、仕事・家事・育児をしながら資格なんて無理…と諦めていましたが、キャリカレ様をみつけてから『これならいけそう!!』と思いました。1日の中に勉強する時間を作る『ミッション』だと思ったら楽しくなり、添削問題や各種サポートがある為『1人で勉強している感』がなく、とても励みになります。資格を取ることは自信にも繋がり、生活や仕事環境がより豊かになることを実感できます。

新しい扉を開くには最初は勇気がいりますが、扉の先には光があることを多くの方々が実感できたら幸いです。一度きりの人生『なりたい自分』で充実した日が過ごせると良いなと思います。

「調理師合格指導講座」

受験科目ごとにプロの専任講師が徹底指導!一発合格が目指せる!

関連する体験談

サイト内検索

カテゴリー