フード・ドリンクに関する体験談詳細

【食育アドバイザー資格取得講座】

食育の資格なら、食育アドバイザーがおすすめ!|資格のキャリカレ

食育の資格なら、食育アドバイザーがおすすめ!|資格のキャリカレ

食育の資格なら、食育アドバイザーがおすすめ!

「食育アドバイザー資格取得講座」

食育の資格なら、食育アドバイザーがおすすめ!

食育にまつわる資格にはさまざまなものがあります。

在宅で食育の資格取得を目指すなら「食育アドバイザー」はいかがでしょうか。

食育アドバイザーの資格を取得しておくと、栄養に関する知識が得られるのはもちろんのこと、アドバイザーとして料理教室の開催も実現できます。

今回は食育アドバイザーの資格の生かし方や、資格の取得方法などについて解説していきます。

 

食育アドバイザーとは?

食育アドバイザーの活動内容

料理教室講師

食育アドバイザーは、栄養バランスや健康についての知識を含めた食に関する正しい知識を持つ専門家で、栄養学の知識や正しい食生活を実践するための方法を伝え、食育指導などを行います。

栄養バランスを考えた食事を作りたいと思っている方や、家族の健康を守りたい方にもおすすめの資格です。

食育アドバイザー資格の生かし方

料理教室

食育アドバイザーの資格はさまざまな場面で生かすことができます。

家族の健康を維持するうえで毎日の食事は非常に重要です。

食育の知識を持ち、子どもが小さい頃から栄養バランスのとれた食事を摂ることで、より健康で丈夫な体を作ることができるようになります。

また、幼稚園教諭や保育士は、子どもや保護者向けに食育指導を行うこともできます。料理教室やセミナー講師など、食への関心が高い人に対して食育の大切さを広めることも可能です。

毎日の食事は見た目の華やかさやおいしさだけでは、健康的な体を作ることはできません。

料理教室などで健康に配慮したレシピを提供したり、食育のアドバイスをしたりするときにも、食育アドバイザーの資格は役に立ちます。

そもそも食育とは?

食育の6つのポイント

食卓

食育の指導は子どもが小さい頃から行うことが大切で、6つのポイントに重きを置いています。

幼稚園や小学校では「食事の重要性」はもちろんのこと、「心身の健康」や「食品を選択する力」についても学びます。

ほかにも「感謝の心」や「社会性」、「食文化」というテーマでも指導が行われるのが一般的です。

このように学校で行われる食育では、これら6つのポイントを押さえたうえで、さまざまなテーマで授業が展開していきます。

ただし、家庭で子どもに対して食育を行う場合、学校と同じような指導をする必要はありません。

たとえば、子どもと一緒に旬の食材を買いに出かけたり、ときには一緒に料理を作ったりするのも食育の一環です。

家庭では親子が一緒に楽しみながら、無理のない範囲の食育を継続して行っていくことが大切です。

家庭で食育を学ぶメリット

家庭の食卓風景

家庭で食育を行うとたくさんのメリットがあります。

子どもが幼い頃から食の大切さを伝えていれば、健全な食生活の基盤を作ることができます。現代では、ジャンクフードをはじめとする高カロリーの食事や栄養バランスがとれていない食べ物などが身近にたくさんあります。

これらを毎日繰り返し食べていると、体や心の土台を作ることはできません。

幼い頃から旬の食材を味わったり、感謝して食べることの大切さを把握したりすることで、丈夫な体や情緒を育てていくことができるのです。

次に、家庭で食育を実践すると、食事のマナーが身に付くだけでなく、心も安定するというメリットがあります。

日本では「孤食」が問題になっており、子どもが1人で食事をすることが習慣化すると、精神面が不安定になることが懸念されています。

家族で食事をして「おいしいね」などとコミュニケーションをとることが、子どもの心を育ててくれるのです。

食育アドバイザーになるには?

食育アドバイザーの資格取得方法

学習

食育アドバイザーの資格は、一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)によって認定されている資格です。

この資格は在宅で取得することが可能です。

JADPの認定校であるキャリアカレッジジャパンの「食育アドバイザー資格取得講座」を受講し、指定のカリキュラムを修了することで資格試験を受験することができます。

講座の受講費用は46,000円(税別)で、3ヶ月の学習期間で食育の正しい知識を学んでいきます。

カリキュラムを修了した後は在宅で受験し、合格したら資格取得、という流れとなります。

食育アドバイザー資格試験の合格率・難易度

だるま

食育アドバイザーの講座を受講する前に、難易度についても把握しておきましょう。

試験は、得点率70%以上を合格としています。

ただし、受験資格を得るためには全カリキュラムを修了することが必須条件となっているため、知識を身に付けたうえで受験を受けることとなります。

加えて、在宅受験ということで時間制限はなく、テキストを見ながら回答することも可能です。

そのため、試験の難易度はそれほど高くはないといえるでしょう。

資格取得を目指すならキャリカレの「食育アドバイザー資格取得講座」を受講しよう!

食育アドバイザー資格取得講座

上記でも紹介した通り、通信講座のキャリアカレッジジャパンは、一般財団法人 日本能力開発推進協会(JADP)の認定資格である「食育アドバイザー」の資格取得に対応した、「食育アドバイザー資格取得講座」を開講中。

アドバイザーに必要な知識をしっかり身につけることができ、学習サポートも充実。

JADP認定校なので在宅受験が可能となっており、好きな時間に好きな場所で受験でき、忙しい方でも無理なく資格取得が目指せます。

「食育アドバイザー資格取得講座」

初学者からでも食育の実践力がやさしく身につく!

関連する体験談

サイト内検索

カテゴリー